❤️ALWAYS LOVE YOURSELF FIRST❤️ALWAYS LOVE MYSELF FIRST❤️

じぶんを知って自由に生きる

ワンチャイって何?どんな感じで進んでくの?受けたらどう変わる?

心の声を聴くよりも、身体の声を聴く方が早いことも多かったりする…

ケイティ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ケイティ
ケイティです。生まれながらのサイキックで、いろんなことを宇宙に教えてもらって生きてきました。 心の探求とこの世の法則の研究が好き過ぎて、宇宙人と一緒にワンダーチャイルドレッスンを創りました。 一見ぶっ飛んでる風味ですが、じぶんのサイキックな部分を疑っていた時期もあったので、論理的思考も意外と鍛えられています。 右脳と左脳の統合、ハイヤーセルフと今ここのじぶんの統合を目指し、じぶんを知って自由になりたい人のための、ワンダーチャイルドレッスンを提供しています♡
詳しいプロフィールはこちら

今朝目が覚めたら、お尻丸出しの背中丸出しで、窓が空いてる状態で寝てて

寒!お腹痛い…ってなりましてん!!

そして、ふと、なんでお腹が冷えると下痢するんだろう?

と言う疑問を生まれて初めて抱き、おもむろにグーゴー先生にお尋ねした次第。

非常に納得したのがこのサイトの説明で、分かりやすかったしなるほど納得過ぎた。

身体はわたしの意思とは無関係に、いつだって身体を正常に機能させようとしてくれることに感動し、震えるレベルで感謝が湧いた。(願わくばいつもそうあって欲しいよ、わたしよ)

昔、ワンチャイを作ったばかりの頃、みんながじぶんのことを、どこでどう自己否定したり責めているかが分からない、と言うことを知り、

身体は心と違って嘘がつけないから、身体に何かの反応があれば、それは自己否定してるってことだから、その身体の違和感を手掛かりに、じぶんをどんな風に言ってるか?を感じてみて!

と言う説明をしていた。

あなたがじぶんを否定すると、絶対に身体のどこかに違和感があるはず。

例えば、お腹がキューっとなるとか、ぐーっと苦しくなるとか、胸が痛いとか締め付けられるとか、頭がキーンとする感じとか、(本人にしかわからない感覚よ)とにかくじぶんを観ている時や、人と話した時、人と触れた時、誰かを観て羨ましいとか、嫉妬心が芽生えたりとか、そんな時は絶対に身体に違和感が走るはず。

ただ、その違和感は感じても、じぶんの何を、どう否定してるかが分からない、って人も多かったので、

その違和感のある身体の部位に、何が嫌なの?って聴いてみて!絶対教えてくれるから!

と言うことも、お伝えしていたりもした。


わたしの説明がまだまだ未熟だったんだと思うんだけど、この説明、実はそんなにウケがよくなくて…、あ!てゆーか身体の反応も感じられない人が、そう言えば多かったんだ!

で、結局言うのをやめてしまったんだったわ。

だからそれで、わたしが言葉で説明する力を頑張って脳内から絞り出し、なんとか言語化能力を発達させたお陰で、身体の違和感のことを伝えなくても済むようになって行ったんだ!!そうだそうだ。


なのですが、最近このやり方をお伝えした方がいて、やっぱこれって良いアイデアだったよなーって思ったからご紹介したかったの❤️

心は嘘がつけるけど、身体は嘘がつけない。

これってたぶん事実だとは思うんだけど、心に嘘を重ね過ぎると、身体の反応も鈍くなることはあるんだと思われます!

この考え方は、整体師さんからお墨付きもらったよ〜❤️↑

なので、どっちの感覚も研ぎ澄ます為に、一番簡単にできるのは…

つまり、あなたがじぶんに正直でいる為に&あなたの人生を体験させてくれる身体といつも仲良くする為に、まずすぐにできることとしては!!

その瞬間に食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、休みたい時は休むってことじゃないかなーと。


結局休みたい時って、心がじぶんで作り出した状況に付いていけなくなってるから、身体を休めて休息を取ろうとするんだと思うのですお。


身体に指令を出すのは脳だよね??
だからそれで合ってるんじゃないかなあ。


で、休みたい時にすぐに休めると、リラックスできるでしょ、そうすると心に余裕が生まれるでしょ、そしたら身体の力が抜けるでしょ、地に足つくでしょ、脳内と視界がクリアになるでしょ、余計な思考が消えるでしょ、そうすると、本来のあなたでいられるのですよ。

なので、身体の欲求には素直に従うってすごく大事だと思う!!

あ、あとこないだ観た何かの映画←で、「呼吸が浅くなると視野が狭くなる」って言ってて確かに!と思った。


そうそう!

わたしは最近は、生理の時は経血カップを使ってる訳ですけどね、今回は、今もちゃんとトイレでドバーっと経血が出せるか?確認したくなりましてね。(大丈夫だった❤️)

その時に思ったのがね、経血をトイレで出すって、忙しくしてるとちょっと難しいのかもなーってことだったのよ。

あー経血が出るからトイレ行かねばー!って時に行かないと、ある程度は溜められても漏れちゃうでしょ。

だからやっぱり生理の時は、ゆっくりするのが理に適ってるんじゃないかなーって思って。

でも働いてたりすると難しいこともあるとは思うんだけど、生理休暇ってどこの会社にもあるのかな〜?

女性は絶対取った方が良いと思う!!!!

と、鼻息荒く思ったわたしだよ。

休むの難しいって場合もたくさんあるとは思うけど、その難しいは、本当に難しいのか?本当に今日、わたしが休んだら世界は崩壊するのか?

って言うことも、あなたのお胸にお手手を当てて今一度確認して頂きたいですわよね❤️

わたしもついついやっちゃう時があるから、もっと気を付けよー!って思ったなー。

ついついできちゃうできる女が多いのよーーーーーーーー。

そう思わない?あなたもきっと、超できる女のはずよ!
だからしっかり意識してじぶんを大切に扱ってね❤️


しかしながらですよ?
寝相が悪くて(暑かったんだろうけど)布団剥いだ結果、お腹痛くなるまで冷えるって、どんだけ爆睡して冷えを放置したんだよ!

って思ったんだけどさ。

人生必要なことしか起きない、が基本理念のわたしは、身体の健気さにもっと気付いて、心も身体ももっと大切にしようと改めて思えて、朝お腹が痛くなったのもありがてー❤️って思った。

冷えは万病の元だし、わたし小動物系だから温度差弱いのよ。
薄着の季節こそ、お股カイロや湯たんぽの出番なのよ!

ああ。今朝寝ぼけてトイレ行ってる時、もっと良いお気付きがあったのになーーーー。忘れちゃったーーーーーーーーー!

でも忘れるということはそれで良しよ。


あ、あとさ、どっかが痛い時のワンポイントアドバイスとしましてはさ、痛いよ(不安)痛いよ(不安)てなりがち(それわたし)だと思うんだけど、その、「痛いよ(不安)」て、今そこで起きてる状況を否定してることになるのですね。

前述の通り、痛みは身体からのサインなので。
なので、そのお知らせを否定することは、自己否定と言えるのです。


起こってることに抵抗すると、それが強まっちゃうのです。

だから痛みを否定して、より一層痛みを増長すると思うのよ。

完全に心の仕組みと同じだかんね!

なので、痛みを嫌悪せず(否定せず)にいると、コテン!とすぐ眠って起きたら良くなってるか、痛みが消えるかすることがわたしにはとっても多いので、ぜひ意識してやってみて欲しいな〜❤️

これ↓知ってる?
彩雲堂って言う島根のお菓子屋さんの若草って言うおやつー❤️大好き!
(薄小倉って言う別の島根のお菓子屋さんのお菓子も同じくらい大好き!!)
頂きましたの❤️

今日は仕事が終わったらこれ食べよー!!!
って、張り切って仕事して、終わったら速攻頂きまして、超幸せに包まれたあああああーーーーーーー❤️

リーディングすると脳みそが糖分を求めるようで、より一層美味しくなるよおおおおお❤️

至福至福のふくふくーーーー❤️

ダイエットしてるからって、おやつ食べちゃダメ!
って言われたらわたしの心は死亡するーーー。

健康に悪いから小麦粉も砂糖も断たなきゃダメ!
って、実際やった時に、わたしの心は超ヤンキー化したのち死亡したーー。
むーーーりーーーーー。

ひねくれて死亡するくらいなら、心置きなく幸せに食べた方が絶対心と身体に良いと思うし、適量で済むのではないかなー。

これも結局否定して、抵抗が起こってるってことだよね!

てな訳で、身体の声に従う=あなたの心に正直になる(お気持ちをじぶんにさえ伝えるのが苦手な人はとってもとってもとってもとっても多いしつこ過ぎるくらい言ってちょうどいいくらい多い)=心の欲求にも自然と従えてる、と言うことになるので、あなたが心の声を聴くのが苦手だなーと思うなら、身体の声に従う方が簡単かもしれないよ❤️

お試しあれーーーー。

では〜!

この記事を書いている人 - WRITER -
ケイティ
ケイティです。生まれながらのサイキックで、いろんなことを宇宙に教えてもらって生きてきました。 心の探求とこの世の法則の研究が好き過ぎて、宇宙人と一緒にワンダーチャイルドレッスンを創りました。 一見ぶっ飛んでる風味ですが、じぶんのサイキックな部分を疑っていた時期もあったので、論理的思考も意外と鍛えられています。 右脳と左脳の統合、ハイヤーセルフと今ここのじぶんの統合を目指し、じぶんを知って自由になりたい人のための、ワンダーチャイルドレッスンを提供しています♡
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© ケイティのワンダーチャイルドレッスン , 2019 All Rights Reserved.