ケイティ自己紹介

rainbow over rippling sea in nature

❤️ ケイティ自己紹介 ❤️

わたしは子供の頃からみんな普通に神様と話してると思って、あえて他の人にそのことを質問したことすらなかった程度にサイキックです。

わたしが得意なのはどうやらアカシックリーディングというものです。
でもわたしの体感的にそのやり方は、本を読む、というよりは宇宙からの情報を圧縮ファイルで掴んで言語化する感じに近いです。

わたしは子供の頃から無意識にそんなことをしてました。

あとは観えない存在とのおしゃべりも同じくらい得意かなと思います。
なのでわたしのビジネスパートナーは、宇宙人と皆さんのガイドさんと色んな神様です。笑

そんな感じで、人の色々なことが、いろんな情報からかなり詳しくわかります。

でも子供の頃からそれとは知らずにアカシックを読んで、この人はこういう人なんだなー、こういうことを思うんだなーと分かることを、わたしはずっと普通の思考として捉えていました。

でも、だからこそ、人の心の中に観ている視点が人とズレているので、ちょっと浮いてたんだろうなと今は理解できます。

(その人が自覚していない部分を観ていたので、それを告げると拒絶されたり怒られたり、わたし自身を勘違いされることがよくあった)

そんなわたしがじぶんがサイキックなんだ、この力はみんなが持ってるものではないんだな、と気付いたというか受け入れたのは、こういう仕事をする直前になった時でした。

でもじぶんを知る過程で色々とじぶんを紐解いていくと、この才能は今回の人生で発芽したものというよりは、何回もやっている過去だの未来だのの他の人生でも使いまくっている能力なので、何をどうやっても今回のこの人生のわたしは、サイキックがアイデンティティの一部なんだなと今は理解しています。

その過去だの未来だのの世界での観えない実績を意識のどこかで覚えているので、最初から人を観る時にエゴを入れないで真っ直ぐ人を観れたのがわたしの強みです。

わたしはサイキックではありますが、それ以上にものすごくとても人間なので、観えない世界はあくまでも観えない世界ゆえに、ものすごく疑っていた時期があり、それを理解するために、物事をものすごく論理的に考えました。

なのでサイキックだけど論理的に説明できないものは信じない人間です。

なおかつ人の心の仕組みを紐解いて分析するのはわたしの趣味です。なので意外と右脳と左脳のバランスはとても良いと思います。
というかそうしないと、わたし自身がわたしが観ていた世界が実際にある、実際にそうなんだ、と言うことを納得できなかったのです。

追求探究分析は趣味でサイキック、つまり論理的に意識を紐解いて解説し、観えない世界の本当のその人自身と繋げる人、それがわたしです。

わたしのセッションを受けてくださる方達に「いろんな人に観てもらったけど、こんなにきっちり説明してくれた人はいなかった」「こんなにスッキリできたのは初めてです」と言って頂けるのは、それが理由だな、と、ちょっと得意になっているところです。

人の心の仕組みを全部言葉で説明できるのはわたしの強みです。

サイキックとして仕事してるわたしは、こんな感じです。

ワンチャイができるまでの人間らしさ全開の少し長めのわたしのストーリーはこちら

素のわたしは、おブログの方に滲み出てるかと思われるのでそちらでお会い致しましょう❤️

Copyright© ケイティのワンダーチャイルドレッスン , 2014 All Rights Reserved.