じぶんを知って自由に生きる

ワンダフルな人生を!ケイティメルマガはここをクリック♡

人の力を奪うとか奪われるとか、エネルギーヴァンパイアとかの対処法

ケイティ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ケイティ
ケイティです☺︎生まれながらのサイキックで、いろんなことを宇宙に教えてもらって生きてきました。 心の探求とこの世の法則の研究が好き過ぎて、宇宙人と一緒にワンダーチャイルドレッスンを創りました。 一見ぶっ飛んでる風味ですが、じぶんのサイキックな部分を疑っていた時期もあったので、意外と論理的思考もしています。 右脳と左脳の統合、ハイヤーセルフと今ここのじぶんの統合を目指し、じぶんを知って自由になりたい人を増やす為にレッスンを提供しています♡
詳しいプロフィールはこちら

こんにちはーケイティです!

昨日書いた

わたしらしさってなんですか?

「無意識で人の力を奪わないように
気を付けましょ」

と言う部分に、

「どんな時がそうか分らない!」

ってご意見頂きまして、
その視点がわたしになかったので、
改めて書いてご説明してみようと思います。

これ、本当にわたしたち、
日常でやってるんですけど
連綿と受け継がれている、
無意識伝統芸能なので
気付いてないんですよね。

わたしも無意識で
ずいぶんやらかしたなー!
って思いますし、
今でも気付いてない部分て
あるんだろうなー
って思っています。

 

親は実は子供の力を奪っていることがままある

どう言うのが分かりやすい例か?
って言ったら、
親が子供にやってあげてることって
すごい分かりやすいなーと思います。

わたしはいつかも書いたけど
1歳に満たない赤ちゃんが、
ちゃぶ台みたいなところに乗りたくて
それを手伝おうとしたら、
怒られたことがあります。

なので赤ちゃんに、

「こうしたらいーんじゃないですかね?」

と腕と足を使って登る方法を示したら、
その赤ちゃんはそれをしっかり観ていて
すぐ登れるようになっちゃいました。

あと3歳の子が、
一人で履くには複雑かな?
って言うサンダルを、
親が履かせる時に怒ってたので

「こうして、こうして、こうやったら
じぶんでも履けるんじゃない?」

ってやって見せてあげたら、
わたしがやってみたそれを真似して
すぐにじぶんで履けるようになりました。

ちょっと紐がズレたりしてたけど笑
問題なく履けたのですごくご機嫌でした。

 

わたしたちが興味を持つことは、
なんでもできるし叶えられる♡

こんな風に本来人間てのは

興味あることは、

じぶんでなんでもやりたい!

って思っていますので、
子供だからできないと決めつけて
なんでもやってあげるんではなくて
とりあえずやらせてあげて、
分らないなら教えてあげたら良いですよね。

子供はみんな

じぶんでやりたい!

と思うことをできる力があるのに、
それを無意識で奪うのが
わたしたち大人なのです。

 

すごく分かりやすい母の愛♡

子供の為♡
と言う思いが前のめってしまうと、
本当は子供がやりたいことも、
じぶんでできることも、
ついつい母親がやってしまうって言うのは
よくあることじゃないかなと思います。

わたしの母はものすごく過保護だったので、
ものすごい勢いで力を奪われ続けたので、
ものすごく思い当たります。笑

力を先に奪われてしまうと、
じぶんの力を発揮するよりも
何でもやってもらう方が楽なんだ!
って言う悪知恵も働くようになります。笑

そして、それが当たり前になると
元々そんな力がじぶんにあると思えないので、
その子は自信が持てなくなる場合もあるのです。

 

本当はできるのに、機会を奪われたことによって
じぶんには力がないと信じ込む

これ、みんなある程度は
思い当たるんじゃないんでしょうか?

わたしは自覚はなかったけど、
なんでも母に先回りしてやってもらうことが
恐らくとても苦痛で満たされていなかったので
子供の頃のわたしはアトピーが酷かったし、
肥満児でした。

前述の赤ちゃんや小さな子だって、
じぶんでやりたいことを邪魔されると怒るんです。

でも、その力があることを信じて、理解して、
その子の自主性を重んじる親なんて
わたしの知る限りでは、ほぼいないです。

多かれ少なかれ、大人たちによって
こうして元々ある力をないものと思われて、
行動して何かを手に入れる種が発芽するのを
邪魔されていることが多いのではないでしょうか?

とは言え、そうとは知らずに、
それを良かれと、これが愛だと信じて
大人たちはずーっとやって来たので
全然仕方ないことですし、
そんな親たちに育てられたわたしたちも
無自覚にそうやってしまうのは当然です。

 

そもそも教えてもらってないから仕方ないけど・・・

で、大人になると、
そんな風に育てられているもんだから
多くの女性は、
彼や旦那さんの面倒をやたらみますよね。
そこまでやらなくても!!
ってくらいに。

たとえばわたしがびっくりしたのは
食事の時に知り合いの女性が、
わたしがお粗相しましたら
お手拭きのビニールを開けて
渡してくれたことです。

「なんてこと!
それ気が利き過ぎでしょ!!」

と言ったら、

「こんなのいつも夫にやってるから。」

と仰るのです。

旦那さんを子供扱いしてしまうって言う
奥さまあるあるですよね。

その方の旦那さんは、案の定本当に!
家では何にもしない人だそうです。笑

で、そこにイラついているけど
やってあげている、と。

わたしたちは、お父さんにそう接している
お母さんを観て育つから
無意識でそうなっちゃうんだろうなーって思います。

でもそれが愛って思ってるからこそですし、
愛の表現がこれだと思っているので
本当に仕方のないことです。

でも、そんなことまでしなくちゃ

愛されないですか?

そんなことないですよね?
それ勘違いですよね?

 

そろそろ目をさまして、じぶんの力を発揮しよう♡

だからわたしはそのやり方って
もう採用する時代じゃないと思うのです。

わたしはみんなにじぶんを大事にして欲しいし
自主性を引っ張り出したいって思って、
じぶんの仕事してるので、
ここは訴えたいのです。

ただ、この問題ってすごい根が深いと思います。
みんなそれが当たり前と思ってるから。
なので、本当に意識して行かないと変われない。

例えば友人関係でも、
否定的なことばっかり言ってくる人がいるとしたら、
それもやっぱり力を奪って来る人です。

よくエネルギーヴァンパイアって言いますけど
ご本人に悪気はないんだろうけど
その人は心が満たされてないから、
必要とされてるって思いたくて、
相手を心配してるフリをして
アドバイスしてるのよって言う体で、
やってしまってるってことありますよね?

これ実は本当に日常茶飯事だったりします。
親も子にやってるし。

 

その人それぞれの選択を尊重する♡

いかにもアドバイスしてる風だけど、
もしそれを相手が求めてないんだったら、
やる必要ないですよね。

とは言えわたしも、友達が

それ、あまりにもあなたからズレてるよね?

ってのが観えると心配になるので

「ちょっとちょっと、大丈夫??」

ってよく突っ込んでましたけど、
たとえズレてるとしても、
今それを選んでるのはその人なんだから、
わたしは今後一切全ての選択を尊重する!!
と、割と最近決めました。笑

その状態じゃ絶対うまくいかないんだから
もっとじぶんを大事にして!!!

と観えるだけに
つい気になっちゃってたんですが
別に求められてる訳じゃないんだし、
もちろん良い変化をして行く友人たちには
いつも感謝されてますけど、
とは言え求められてないんだから
大きなお世話だよな、と。

で、これも力を奪ってることになるし、
わたしも力の無駄使いなんだな。
と、ようやく思える大人になれました。笑

 

じぶんも人も、どんな選択をしても応援する♡

なのでわたしはこんな風に決めてみました。

聞かれたら一般的なアドバイスはするけど、
と言うスタンスで十分だよなと。

わたしもただ友達として存在するだけじゃダメで
友達として必要とされるには何かを提供しなくちゃ、
と、無意識で友達に対してすら思ってたんだろうなー
と思いました。

ここを直視するのは痛かったです。
ええ、とっても。

あとは、わたしには以前、
あなたの為を思ってやってるのよ、
言ってるのよ、こうするべきよ
って散々言ってくれる親切な方がいましたが
その人の言うこと聞いてないとダメなんだろうか?
それが出来ないわたしはダメなんだろうか?
ってじぶんを責めてました。

だってそれやりたくないことなのに。笑
わたしそれ求めてないしいらない、
と思ったのでその人からは逃げました。笑

 

あなたの為だから、と忍び寄る
エネルギーヴァンパイアからは逃げて良い!

これもさっき書いた、
じぶんで満たせてないものを、
他人に必要とされている風を装って、
それを望んでいない人に
ありがとうと言わせたり、頼らせたりして
エネルギー奪って必要とされてる勘違いして、
満足してるパターンです。

わたしもこれ、過去を振り返ると
だいぶやっちゃってたと思います。
特にかれぴたちに対しては
ずいぶん押し付けたなーって思います。

実に申し訳なかったなと思います。

 

あなたはこうするべきなんだよ!

なんて他人が言えることなんか

本当は1つもないと思います。

強いて言えば、

あなたがやりたいことだけやるべき

です。

本当は全部、わたしたちは
じぶんで決められるんだから。

てゆーか決めてますしね。

たとえ他人にこうしろと言われて、
やりたくないのにやったとしても、
それをやると決めたのはじぶんですので、
そこもしっかり受け止めて頂きたいと思います。

でもそれで後悔する結果になったとしても
次に繋げる力がわたしたちには元々あるので
それを機に、じぶんの意志で決めましょう♡

 

本当に必要なことだけ受け取る勇気♡

聞きたくもないアドバイスをしてくる人や
ごもっともなことを言ってる人を
正しいんだ!
と思っちゃうことって、
人生に於いてあると思うけど

本当にそれ、わたし必要なのかな?

本当にそれを採用して、

わたしウキッとわくっとするかな?

っていつも確認していれば、
力を奪われることも
人から無意識で奪うこともなく
安全に快適に過ごせると思います。

そしていらぬこと言う人からは
ダッシュで走って逃げましょう。笑
悪い影響受けそうになったら
ダッシュで走って逃げましょう♡

ただ、結局じぶんを知ってないと
その判断てなかなか出来ないので、
心の整理整頓は必須なのです。

わたしがワンチャイでやってることは
方程式を教える、
みたいなもんだと思ってます。
方程式は絶対ですよね。

こうしたら解けるよ、って言う。

でも応用は各自
じぶんで好きなようにやってちょ♡
って感じです。

誰かを崇めたり、
やたらすごいとか思ってると
じぶんの真ん中がなくなっちゃうのでね。

そのバランス感覚を掴んで欲しいなー
と思ってわたしは仕事しております。

なぜならわたしがそこで

散々失敗してきたから←。

なのでわたしはみんなの眠った自力を引っ張って
それを活かして無敵になって欲しいのです♡

ではまた〜!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ケイティ
ケイティです☺︎生まれながらのサイキックで、いろんなことを宇宙に教えてもらって生きてきました。 心の探求とこの世の法則の研究が好き過ぎて、宇宙人と一緒にワンダーチャイルドレッスンを創りました。 一見ぶっ飛んでる風味ですが、じぶんのサイキックな部分を疑っていた時期もあったので、意外と論理的思考もしています。 右脳と左脳の統合、ハイヤーセルフと今ここのじぶんの統合を目指し、じぶんを知って自由になりたい人を増やす為にレッスンを提供しています♡
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© ケイティのワンダーチャイルドレッスン , 2017 All Rights Reserved.