じぶんを知って自由に生きる

サイキックリーダー☆ケイティへの道2

ケイティ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ケイティ
ケイティです☺︎生まれながらのサイキックで、いろんなことを宇宙に教えてもらって生きてきました。 心の探求とこの世の法則の研究が好き過ぎて、宇宙人と一緒にワンダーチャイルドレッスンを創りました。 一見ぶっ飛んでる風味ですが、じぶんのサイキックな部分を疑っていた時期もあったので、意外と論理的思考もしています。 右脳と左脳の統合、ハイヤーセルフと今ここのじぶんの統合を目指し、じぶんを知って自由になりたい人を増やす為にレッスンを提供しています♡
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

サイキックリーダーのケイティです♡

サイキックリーダー☆ケイティへの道

前回の続きですが、↑をかいつまんで言いますと

わたしのアイデンティティってサイキックだよね?

ってほどなのに、

わたしはそれをダサさの極みと信じ込み、

ずっと拒否し続けてたけど、

全米No.1サイキックのThe Rock Girl®の

サイキックリーダー講座を受けて

今度こそその拒絶感は本当に払拭されました!

きゃっほい!的な感じです。

 

わたしのアイデンティティーはダサい!わたしはダサい!

サイキックであることはダサい!

ってわたしがじぶんに対して思ってたのは

(あくまでもわたしがダサさに該当するだけで

 他の方は全くダサくないのです!悪しからず)

 

サイキック=変わり者

=社会不適合者

=非難される存在=恥

ダサい

って言う図式になってたからです。

 

わたしは思い出せる過去世は全部、

サイキックだったんです。

 

サイキックだったから糾弾されたり、

非難されたり、嫌な思いをしたり、

1番大きな想いとしてあったのは、

後悔と罪悪感です。

 

そういう思いがどうも、

魂の根底にあったみたいで、

わたしがこの仕事を本格的に始める前日に、

(それも頼まれてやる流れになるって言う)

ものすごい拒絶と恐怖がやって来て、

 

明日からヒーリング講座を

教えないといけないのに

どうしよう!

ってパニクった時に、

どうしていいか分からず

何を思ったかわたしは

鏡を観ながらじぶんに話し掛け始めました。

(今思えば自己催眠的なものだった)

 

わたしの過去世の意外なストーリー

そんなアホなことあるんかーい!

と思ったんですけど、わたしの過去世が

わたしの意識の中で話しはじめました。

 

その人はレイラちゃんて言うんですが

どうやらスーパーおサイキックで、

(確か1万年前って言ってた)

レイラちゃんは能力を買われて

政府的な機関のお抱えおサイキックで

壊滅的な未来(津波)が来ることを観たのです。

 

それを観た瞬間に、

偉い人たちと一緒に逃げなくちゃいけなくて

家族も国の人たちも、残されたみんな

多分死んでしまった的ストーリーでした。

 

彼女はそのことを激しく後悔して、

未だにじぶんを責めてたんです。

 

ほおおおおおおおおおおおおおお!!!

(本当かよ〜とは思いながらも

苦しいおきもちは本物だったので)

 

と思いながらレイラちゃんの話を聴き、

ヒーリングをし、ってやってたんですが

全然癒されないどころか、

じぶんを許さないし、

ずっと後悔してパニクってて、

ちょっと大変だったんです。

 

でもとりあえずは、わたしの魂の過去に

そう言う事情があったのだとしたら

サイキックに対する拒絶と恐怖があるのも

なるほど納得過ぎるな〜〜〜。

 

と言う理解で、なんとかその場は乗り切ったんですが

その後もレイラちゃんは、ずいぶんしつこく

わたしの中で登場して来ました。

 

過去世に影響されているとは言え、今のわたしのが断然大事

確かにわたし自身としても、

謎にじぶんを許せないと言う罪悪感と、

じぶんを信じられないと言う想いと

サイキックであることへの拒絶感が

ものすごく強かったと思います。

 

これらの想いは最近まで残りカスがあって

去年から最後の抵抗を結構激しくしてたな〜

って思い出しますし、

それによってじぶんを責めることが

なぜかものすごい強烈になってしまい、

だいぶ辛かったのです。

 

まあとは言っても、

過去の人たちがどうこうと言うよりは、

結局今のわたしに

じぶんを許せず

信じられず

サイキック拒否!

じぶんを拒絶!

って言う要素がなかったら

その過去は出てくることはない訳ですよね。

 

魂で総決算したい自己不信

並びに拒絶感であり

だからこそ

今回の人生でその想いの総てを

真正面から受け入れて、

それをひっくり返して

じぶんの特質であるサイキック能力を

前向きに捉えて役に立てて生きて行く

 

ってことが壮大なテーマの1つだからこそ、

こんなに苦しい想いをして向き合わないと

いけなかったのね〜〜〜〜

と、ようやく全貌が掴めたのでした。

 

ずいぶんしつこく長いことやってましたので

本当にこのストーリーは、

わたしにとってはすごい闇でした。笑

 

受け入れ切るまでしつこく出てくる。なぜならそれがわたしだから

わたしはなんでもやり切りたい人なので

わたし自身の自己不信や拒絶感や恐怖を

正面切って受け入れるのに

こんなに時間が掛かってしまいました。

(でも一生多少は出てくると思いますけどね〜それが人生だから〜←)

 

だからわたしはサイキックです、

と言うことを受け入れ切るまでは

本当にじぶんがサイキックとか言われるのが

謎に嫌で嫌で嫌で嫌で仕方なかったのです。

 

だってみんなも

サイキックじゃん!!!

とやたら全員をわたしと同じレベルで

サイキックにしたがるし

それを力説したがってました。

 

そうなってる最中はそこまで気付けてないけど

(無意識の当たり前でやってるもんで)

じぶんのアイデンティティ全否定なので

そりゃーもー、闇だったのです〜。

 

多分昔の友達がこれ読んだら

それまだやってたの!

ってびっくりすると思います。笑

 

そんな訳で、こんなに数年掛かるくらい、

わたしはじぶんを受け入れたくなかったし

頑固に拒否してました。

 

でもそんだけ否定しても

「分かる、知ってる」

ってサイキック感覚だけは

子供の頃から当たり前にあったので

当たり前過ぎてそこはダサさを感じない、

と言うのが救いになって

この仕事が出来てたんだと思います。

 

だから過去世のギフトってお便利!

と思います♡(過去世リーディングオススメだよ!)

 

だってこんだけ拒絶してても、

仕事にできちゃうレベルの技だから。

(もちろん、仕事は本当に誠心誠意

心を込めてやって来ております♡)

 

なので余談ですけど、

過去世のギフトを使うことは、

みなさんにもおすすめしたいです!!

 

そんな感じで、わたしはじぶんの根幹を、

受け入れているようで受け入れきれなかったので

もういい加減真正面から受け入れよう!

と思ったところでのロックガール®の講座、

だったのです。

 

本当全部タイミングよくできてるな〜

って思います♡

続き↓

サイキックリーダー☆ケイティへの道3

 

 

過去記事UP中→ケイティtwitter ケイティの日常→ケイティinstagram ワンチャイ動画→ケイティyoutubeチャンネル
この記事を書いている人 - WRITER -
ケイティ
ケイティです☺︎生まれながらのサイキックで、いろんなことを宇宙に教えてもらって生きてきました。 心の探求とこの世の法則の研究が好き過ぎて、宇宙人と一緒にワンダーチャイルドレッスンを創りました。 一見ぶっ飛んでる風味ですが、じぶんのサイキックな部分を疑っていた時期もあったので、意外と論理的思考もしています。 右脳と左脳の統合、ハイヤーセルフと今ここのじぶんの統合を目指し、じぶんを知って自由になりたい人を増やす為にレッスンを提供しています♡
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© ケイティのワンダーチャイルドレッスン , 2018 All Rights Reserved.