あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

ドSにもかかわらずドM。その心は?

2016.7.6|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

こんにちは、心の整理整頓家ケイティです。

いきなりですが
あなたはじぶんに厳しいですか?
甘いですか?

image
 

 

 

 

 

 

 

 

わたしはずっとじぶんのことを
とーっても甘い人間だと思っていました。

やりたくないことは絶対やらないし
興味ないことには見向きもしない。

その分かりやすい例として
受験の時は日本史と英・国の偏差値が
30も!違いました。笑

理由がわからないことを
やみくもに記憶するのが無理なので
数学も公式が覚えられなくて
高一で脱落です。笑

神奈川県の県下一斉テストと言うので
数学0点を取ったことがあります。
つまり神奈川県1のおバカです!

そんな調子で、じぶんの人生を
決めるかもしれない受験で

やりたくないから日本史はやらない。

と言うスタイルを決め込んだら
当然ですが見事に大学は全部落っこちました。笑

しかも身の程知らずな大学しか受けない
ってゆー想像力のなさと自覚のなさ。笑

しかもわたしが入った短大の試験も
前日にたまたま読んだ日本史の教科書と
同じ箇所の近現代史が出なかったら
落ちていたかもしれません・・・。

と後から考えたらガクブルでした。笑

一事が万事そんな感じで生きて来たので

わたしはじぶんに対して

と〜〜〜っても甘い!

と言われて育ちましたし
実際そうなんだろうな。
と思っていた訳です、デフォで。ええ。

だがしかし。

わたしってすごい怠け者だなー。

と幼稚園児の頃から自覚があった上に
お前は甘い!
と言われて育ったので
わたしはじぶんに厳しくもなりました。

もっとちゃんとやれ!

そんなんじゃ認めない!

そんなんじゃ足りない!


無意識でそんな言葉を
わたしはずっと投げてきたなと思います。

なんでこんなひどいことをしたかって言えば

わたしがドMでドSだからです。笑

でも実は、この心の構造を持っている人は
とーっても多いのです。

いつどんな場面であなたはじぶんに厳しくなり
どんな場面でじぶんを甘やかすことを許せるのか?

それをどのくらいの状態で、頻度でやっているのか?

まずはそのあなたの状態を把握して
どう動けば本当にじぶんの為になるのか?

それをじぶんの為にいつも考えて
行動できるようになると
生きるのがとーっても楽になりますよ!

じぶんをマネジメントできるようになると
いいですよねー。

まあわたしもこれはずっと追求するのかなー
と思いますけどね。

その為にまずはじぶんの心の状態を
把握できるようになるといいですよ。

じぶんで把握するのは難しい!

と言う方にはワンダーチャイルドレッスンか
じぶんとナカヨシステムがスーパーオススメです♡

ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
じぶんとナカヨシステムのご案内はこちら

単発メニュー
ファイブスターライツ☆リーディングのご案内はこちら

ちなみに小さい頃に
わたしって怠け者だなー
と思ってしまったのは実際は
わたしに体力がないからだったんだなー。

と最近やっと理解できました。
整体の先生に言われて知りました。笑

体力ないからわたしはいろんなことを
一撃で仕留めてきたんだなー。
と思います。笑

最小の動きで最大の結果を狙うのが好きです。
興味のある分野でしかやらないというのも
それなんだなーと思います。

ちゃんと理由が分かれば
無理もしなくなりますし
対処もできるようになるってことです。

心も同じなんですよ!

では、今日も読んでくださりどうもありがとう♡

 

 

 

           じぶんの内側から変化する力を絶えず生み続ける究極の知恵♡
          ワンダーチャイルドレッスンのやり方の総てを読んで完全に理解する☺︎
                約50万円分の内容を完全無料公開してます♡
                ご登録は↓こちら↓から♡無料です♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

LINE@もやってます♡
内緒の小話やらたまーーーーに届きます!
メルマガやブログにも書いてないようなことを書いてます♡
お友達になってね!
友だち追加


ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
じぶんとナカヨシステムのご案内はこちら
単発メニューファイブスターライツ☆リーディングのご案内はこちら

ケイティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

石崎 桂子さんの人生のストーリー

           

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL