あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

じぶんとの約束を守れなくて人に謝るのは変よね。

2016.7.11|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

こんにちは、心の整理整頓家ケイティです。
今日は暑いですね〜。

あなたは大切な人に約束を破られたら悲しいですか?

わたしは約束忘れられちゃうなんてーとか
一緒に決めたのに守ってもらえないなんて悲しいー
とその瞬間は必ず思うと思います。

わたしたちは日々、こうなりたいな!とか
そのために何かをしてみようかな!と
未来のじぶんに希望を抱いて
新しく何かをやろう!
と決めてますよね。

わたしは仕事でみなさんに宿題を出します。
やるのもやらないのもみなさんの自由ですが
毎週このテーマしっかり観てきてね〜。
という感じでお出ししています。

もし必要があれば気付きを毎日メールで報告してね。
という事も人によっては言う事もあります。

そうした方がその方が一人では難しいけど
わたしが一緒に心を観ている期間なら
宿題をやる事、提出する事で成長できる
と思うから提案しますしみなさんも
受け入れてくれるんだなと思います。

でも、宿題をやってくれても
やってくれなくても
わたしとしてはどっちでも構いません。

みなさんの日々の気付きを知るのは
わたしも本当に嬉しいし感動するので
宿題をやってくださる事で
それが促進されるのは
もちろんわたしの喜びではあります。

わたしはその方が変化して成長をさらに促せる
と思うので適切な提案はしますが
それをやるかを選ぶのはみなさんの意思です。

なので、じぶんの為にやります!
と言ったのであればそれはあなたが
じぶんと約束をした事になりますね。

わたしとの約束であるように見えますが
実際のところ、何かをやると決める時は
いつだってみなさんじぶんとの約束をしています。

なのですが!
きゃーやってないです、すみませんー!!
と謝る方も多いのです。

わたしは前述の通りやってもやらなくても
どっちでも全然構わないのです。

いつだってみなさんの選択を受け入れます。
(ただ、それをやらないのはなぜですか?
と言う心の奥の原因追求は仕事としてやりますが笑)

なのでわたしに謝るんじゃなくて
それは本当はじぶんに言う言葉なんですよ。
と聞いていていつも思いますし伝えます。

これね、整体の先生も言ってました。
わたしの通う整体では糖質をなるべく撮らないでね
と言う指導をされていてお食事ノートを提出して
先生がみてくださいます。

その時に、すいません昨日ケーキ食べちゃいましたー。
と俺に謝るんだよねーと先生も仰っていたのです。

じぶんとの約束なのに他人に謝るって
そもそもおかしな事なんですよね。

だってなんでそれをやろうと思ったのか?
って言ったら
あなたがワクっとするじぶんの未来の為ですよね。

成長したいとか、今の状況をなんとか変えたいとか
お金が欲しいとか、もっと良くなりたいって言う
そう言う願いは他人の為ではないですよね?

だから人に謝るっておかしな話なんですよ。
じぶんとの約束を守れなかった事に対して
じぶんにごめんね、と謝るのが正しいのです。

じぶんの為にじぶんとの約束を守る
と言う責任を果たす事をもっとしっかりと
受け止められる人が増えたらいいなと思います。

と言う訳で約束ってのは他人としているようで
本当はじぶんとしてるって意外と盲点なんだなー。
と最近思う事がワンチャイ以外の仕事でも
とっても多かったので書きました。

あなたはじぶんとの約束ちゃんと守れてますか?

では、今日も読んでくださりどうもありがとう♡
image (6)













 

 

           じぶんの内側から変化する力を絶えず生み続ける究極の知恵♡
          ワンダーチャイルドレッスンのやり方の総てを読んで完全に理解する☺︎
                約50万円分の内容を完全無料公開してます♡
                ご登録は↓こちら↓から♡無料です♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

LINE@もやってます♡
内緒の小話やらたまーーーーに届きます!
メルマガやブログにも書いてないようなことを書いてます♡
お友達になってね!
友だち追加


ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
じぶんとナカヨシステムのご案内はこちら
単発メニューファイブスターライツ☆リーディングのご案内はこちら

ケイティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

石崎 桂子さんの人生のストーリー

           

関連記事

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL