あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

プリズナーズ

2017.9.9|ケイティティズムービー!★!

このエントリーをに追加

気付けばメッセージのドゥニ・ヴィルヌーブ監督の映画に

イケメンジェイクギレンホールが2作品も出ていた。

それは観るでしょー♡

まずプリズナーズから。

もう1つの複製された男についてはこちら

 

プリズナーズ



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒュージャックマンまで出てるからウホウホ♡

の軽薄な期待に反してシリアスな映画だった。

娘が誘拐されたヒュージャックマンが

犯人と思しき人を誘拐して虐待して居場所を吐かせようとする。

あまりにも非人道的。

その人が犯人かも分かってないのに結構ひどい。

その非人道的感と来たら尋常じゃないけど

ひたすら父の愛からやっているので何にも言えない感。

でもやりすぎ感。

ポスター的にはそこ、あなたは超えますか?

と人を誘ってますけど、普通超えないと思う。笑

まあ父が踏み越えた一線とはって誘ってるのは

日本仕様なんでないかと予想する。

 

なぜなら。

このお父さんはだいぶ敬虔なクリスチャン。

そもそもお祈りから映画が始まる。

で、なんかキリスト教についての映画なのかなー

って思う節が色々とあったから。

 

余談なんだけど、このとーちゃんが劇中よく

お祈りの言葉を唱えてるけど

罪深く生まれたわたしたちを赦したまえ

みたいなお祈りって本気でどーかしてると思う。

そんなことキリストが言う訳ないじゃん。笑

罪深かったら死んで生き返れないつーの。

神様と同じ存在だって心底わかってたから

死んで生き返れたんだっつーの。

と、ついつい思ってまった。

キリスト教ってあれをみんなが本気で

信じてるんだとしたらやっぱ相当イかれてる。。

ってゆーかそれで人を支配してきたなんて

マジないわーと思う。

学生の頃キリ教だけはどーしても

わたしは納得できない授業だったなー。

だからいつもC。

 

それはさておきですよ。

イケメンジェイクは全ての事件を解決してきたと言う敏腕刑事。

で、このイケメン刑事が最初に登場するシーンでは

フォーチュンクッキーないの?

って中華料理屋で聞いてて、干支に興味がある模様。

 

わたし気になってこの映画2回見直しちゃったんだけど、

この刑事が小指にしてる指輪はみなさんの情報によると

フリーメイソンの指輪らしい。

確かにあの三角が観えるのです!!

なのでこの人はフリーメイソンなんだなと理解した。

でもみなさんのブログ情報に寄ると

キリスト教対フリーメイソンみたいな感じだったけど、

この人手の甲に十字の刺青入ってんですよね。

 

だもんで気になって仕方ないので調べましたら

フリーメイソンてのは加入条件に

何かの宗教に入っていること、とあるのです。

 

なので、フリーメイソンに入ってる

ゆるいキリスト教徒なのかなーと。

若いし、そんなに熱心でもないのかなー、と。

だから干支にも興味があるし、

フォーチュンクッキーなんかも好きですよ、と。

 

で、この人腹座ってんなーと思ってたら

6年少年院にいた、って言ってたりする訳ですよ。

そのあたりの背景も気になるんだよね〜。

瞬きもシパシパっとするし、あれはどういう症状だと

あのシパシパ瞬きになるのだろうー。

 

普段のジェイクはあんな瞬きしないから設定として

あの瞬きする人の設定なんだよね〜〜。

なんかちょっと神経質な感じなのかなーという感じはする。

もしかしたら過去に喧嘩とかで脳天になんかあって

あの瞬きになったのかもしらん。

あくまでも勝手な想像。

 

あとフリーメイソンてのが北米でどんな感じで

みんなが捉えてるのかがわからないので

そこんところが知りたいけど、

つまり要するにこの人はとても理性的だし冷静なのである。

少年院に入ってた割に、とーちゃんなんかより

よほど冷静で穏やかなのである。

だから全ての事件を解決してんだな、と言うことが

よくわかるのである。

 

そんでこのデキるイケメン刑事は当たり前だけど

とーちゃんがまでもが、それぞれ犯人探しをする、と。

 

真犯人に行き着くのはとーちゃんのが先で

愛の強さ故なんだけど、結局犯人に捕まってまうー!

とーちゃん1人先走るからだよーーー!

ってモゴモゴするけど、

まあ警察信用できねー!

俺の娘は俺が助けるーー!

ってて、その行き過ぎ加減がやや狂気入っとる。

ウルヴァリンのよーよ。笑

で、このとーちゃんのお父さんは刑務所の監視だかで

なんか立派な仕事的な。

でもなんと家で自殺してもーたらしい。

キリスト教徒は自殺してよかったんでしたか???

で、とーちゃんの行き過ぎ行為が行われるのが

お父さんが自殺した家で、廃墟のよーな場所。

この辺りもねーなんか色々と葛藤がありそうな

アレですわよね。

 

そんでこの事件の真犯人てのが

昔は熱心なキリスト教徒だったのに、

子供をガンで亡くして、神に裏切られた!

と思ってその恨みで事件を起こすっていう。

そんでその旦那がアレでアレで〜〜となってる。

色々とちゃんと繋がってんのです。

 

で、とーちゃんの愛ゆえの鋭さ〜〜〜で

犯人に行き着いた訳なんだけど捕まってしまい、

結局イケメンが冷静にデキる男だったから

とーちゃんも命が助かりそうねっていう。

 

とーちゃんじぶんがやったことが

じぶんに帰ってきちゃったね、とゆー話。

これも聖書に書いてあるのかなー。

因果ですよーと。書いてあるならこの映画は

完全にキリスト教に意義申し立ててそうな気もする。

わたしならそー思う。笑

 

でもあのシーンで終わるってのは色々想像できて

いい感じですな〜。

監督のセンスだね。でも好き嫌い分かれそうね。

まああの先は、いずれにしてもとーちゃんは

悲惨ですのでね。

 

なんとなく、酸いも甘いも噛み分けて

信仰はありつつも、現実を理性的に生きて来た人が、

やっぱなんだかんだ1番まとも

って話でもあったのかなーと思った次第。

 

結局わたし的には父が踏み越えた一線とかよりも

やっぱイケメンが1番の正義だなって話であった。

そこかーーーい!

 

もちろんとーちゃん役のヒュージャックマンの演技は

文句なく素晴らしいんだけど、

やっぱあの終始抑えた感じのロキ刑事って人が

わたしはどーにも観終わった後にすごく印象に残った。

 

それはなにもジェイクがイケメンだから

ってだけではなくて、素晴らしい演技だったからよね。

 

謎解きに関しては割と早い段階でこれだなと

気付くと思うけど、でも細かいとこは

どーなってんのかな?と思って、面白かった。

 

いやでも実際このジェイクの役は

相当かっこいいと思うのでありました。

とーちゃんは行き過ぎなんだけど、

アメリカだと有り得るのかなー。

 

そんでプリズナーズで、ズになってる理由も

だいぶ意味が深いんだなーと観終わると理解できる。

 

この監督、相当設定が細かいと言うか

相当いろんなテーマを盛り込んでくる人なんだなー。

やっぱキリスト教ってのは欧米では相当な影響力が

みんなの中にあるんだな〜〜〜〜。と思う。

 

昔マミーが映画観るなら聖書理解してる方が

いろんなことがわかるのよ〜と言ってたのが

本当によくわかる。

ただ、わたしの知り合いの外国人はみんな無宗教なんで

映画で裏テーマになるほど取り上げられるほど

キリスト教ってのがみんなの中に浸透してるのは

日本人のわたしには、到底理解できない感覚だな〜。

指輪がフリーメイソンだなんて全然わかんないもんな〜。

まあとにかく、面白い映画だった。

 

この感じだと、ブレードランナーを観直して、

ブレードランナー2049に備えとかないと

楽しみが半減しそうだな〜〜〜。

この前予告観たけど、期待大♡楽しみ!

                  ワンダフルな人生を生きる♡
              ケイティのワンダーチャイルドレッスン
                 宇宙の真理を理解して
               どんどん自由になっちゃうメルマガ♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
イティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL