あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

プライド高いって本当は強がりなんじゃない?

2015.9.12|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

こんにちは、ケイティです!

さて今日はそのプライドって本当に誇り?強がり?

と言うお話です♡

誇り高く飛ぶトンビ♡



プライド高いって、そもそもどんな状態を思い浮かべますか?

 

お友達に聞いてみたら、でも、だってをいう人だそうです。

確かに!

でも、だって、だけどは言い訳3Dと言われているそうです。笑

 

わたしが一番感じるのは

この人は、じぶんを守りたいんだなー

と言うことです。

 

わたし、大丈夫なんです!!

わたし、ちゃんと滞りなく出来てますから!!

って言っとけば、人はそれ以上踏み込れません。

 

わたしはね、大丈夫です、出来てますアピールは

強がりでしかないように観えるのです。

 

なんでそう観えるかと言えば、

恥ずかしながらわたしがそうだったからです。笑

 

思えば強がってプライド高くして

良いことはわたしはには1つもなかったのです。。。

 

だからこそ、それが無駄だということもよく分かります。

プライド高くしてると受け取れないし

素直になれてないせいで

せっかく手に入れるチャンスを逃したり、

大丈夫、分かってる、できてるから!

といろんなことを突っぱねて

大事なものを手放したことも多かったと思います。

 

ただ、素直に聞けば良かっただけなのに。

ただ、素直に受け取れば良かっただけなのに。

 

でも意外とわたしと同じように

それが出来ない人ってとーっても多いのです。

 

ちなみに素直とは

ねない、めない、それない、

と聞いたこともあります☺︎

 

わたしはねえ、こんな風にプライド高くして

弱いじぶんを守ってたんだなーって今はわかります。

そのくらい、じぶんに自信がなかったのです。

弱いと思ってたから。

 

ほら、弱い犬は吠えるって言いますよね。笑

 

じぶんを弱いと思ってるから、

素直に教えて欲しい、分からないから助けて欲しい

知らないから教えて欲しいって言えなかったの。

 

でも、それができていたら、世界はもっと

わたしに優しかったんだろうなと思います。

 

わたしね、昔、相当キンキンしてたと思います。笑

 

あなたはどうですか?

 

わたしと同じようなことやってますか???

ぜひぜひ考えてみてください☺︎

 

ワンチャイはたとえばこういうところから

掘り下げと言うものをして行って

あなたがなぜそれをやってしまうのか?

を観つけていきます。

 

そしてその原因が分かったら、

じゃあ本当はどうしたいの?

と、あなたの本当の思いを出して行く、

これの繰り返しをして現実を変えて行くレッスンです☺︎

 

じぶんとコミュニケーションを取れるようになるのです。

そうすると、素直な想いがどんどん出せるようになります♡

 

心の中で、わざわざ焦点を当てないと

敢えて観ることのない場所に光を当てて心の詰まりを観て行きます。

 

そうすると、実はここが詰まってた!

言うことに気付きます。

気付くから意識できて、意識するから

その詰まりをすっきり流せます。

 

詰まり=詰まってるあなたの可能性です。

なので詰まりが取れる=あなたの中で滞っていた部分がなくなると

あなたの可能性が拡がると言うこと!

 

それがどんなに素晴らしいことか、想像してみてください♡

とーーーーっても、楽しいと思います☺︎

 

 

と言う訳で、プライド高いと衰退しちゃうかも!

と言うお話でした。

 

わたし素直になれてないかも?

と言うあなたには、ワンダーチャイルドレッスンはお勧めです。

ワンダーチャイルドレッスンがどんな感じかはこちら動画で話してます♡

観てねー♡

では、今日も読んでくださりどうもありがとう!

 

                  ワンダフルな人生を生きる♡
              ケイティのワンダーチャイルドレッスン
                 宇宙の真理を理解して
               どんどん自由になっちゃうメルマガ♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
イティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

関連記事

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL