じぶんを知って自由に生きる

ワンダフルな人生を!ケイティメルマガはここをクリック♡

お別れの中に残した、じぶんへのとある想い。

ケイティ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ケイティ
ケイティです☺︎生まれながらのサイキックで、いろんなことを宇宙に教えてもらって生きてきました。 心の探求とこの世の法則の研究が好き過ぎて、宇宙人と一緒にワンダーチャイルドレッスンを創りました。 一見ぶっ飛んでる風味ですが、じぶんのサイキックな部分を疑っていた時期もあったので、意外と論理的思考もしています。 右脳と左脳の統合、ハイヤーセルフと今ここのじぶんの統合を目指し、じぶんを知って自由になりたい人を増やす為にレッスンを提供しています♡
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、心の整理整頓家ケイティです。
さて今日はお別れがなぜ悲しいのか?
の続きを書いてみようと思います。

続きと言うか、学校を卒業するとかは
それほど特別な想いは残らないかな
と思いますが、特定の人とのお別れ
となると、お互いに何かが合わなくなる
だから離れるってことも多いですよね。

と言うかそうなんですけどね。笑

その時に想いを残したままでお別れすると
その想いは実は心のどこかにいつもあって
前に進むスピードを遅くしてしまうことも
あるかもしれません。

きゃーー。大変!笑

例として分かりやすいので、
大好きな彼とお別れしました。

と言うお別れを題材にしてみましょう。

大好きだったけど、最終的には
何だか険悪になってお別れした場合です。

あるあるですね。笑

この場合でわたしが良く拝見するのは
大好きだった人を恨んでいる。
と言うパターンです。

えええ!と思うかもしれませんが
意外と皆さんお持ちです。笑

わたしにこんなひどいことしやがって!
あんなこともあったわね!
思い返すとあんなこともイライラしたわ!
などなど意外と皆さん心の奥に
いろいろな想いが入っているものです。

それをひとつずつ取り出して観ていくと
まあいつもの話なんですが
結局はそれってじぶんのことです、以上。

でも良いんですけど、それじゃあヲイ!
と言われそうなのでちゃんと解説します。笑

まあでも、いつだってなにかで心が
動く時はじぶんの心の叫びなんですよ。

それはいつもお忘れなく。

話を戻しまして付き合っていた人に
別れてみたら実は色々イライラしてたと。

でも、それを紐解きますと・・・

あんなひどいことを受け入れたのは誰?

あんなこともされた!
それを受け入れたのは誰?

あんなことにもイライラした!
そのイライラを放置したのは誰?

ってなると全部じぶんになりますからね。

本当にじぶんを大事にできたなら
その場その場でじぶんのために
想いを伝えることができたはずです。

でもわたしたちは本当の想いを伝える
と言うことがとても苦手なので
結局我慢してじぶんの心の奥にしまい込み
見て見ぬフリをしているうちに
それが当たり前になって
我慢するのが大前提っていう人の
なんと多いことか!!

と言う感じです。

なので、思い返してムカつくわ。
ということがあればすべからくじぶんに
ムカムカしている。
と思う癖は持ちましょうね。

さて、それで終わりな訳ではなく。

大好きだった人とお別れしてガッカリ!
な理由ナンバー1は、実はそんな人を
大好きだったじぶんが許せない。
と言う実に悲しい想いです。

ここにすぐに気付ける人は
心の整理整頓上級者ですね!

でもこれもいろんなことに当てはまるので
いろいろと当てはめて、心の中を
点検してみてくださいね。

そんな人を大好きだったじぶんを許せない。
ってどーゆーことだと思いますか?

そんな想いはないでしょーと思いますか?
わたしは色んな人の心を観ています。
そしてこれは、人類あるあるです。

そしてこの想いが一番、人を過去に
引き留めてしまいます。

許せないと言う気持ちは、ある意味後悔です。
その時のじぶんを否定し続けています。

し続ける、ってことはつまり
終わってないってことなんです。

きゃあああああああああ!w

では。
わかりやすいように大袈裟に書きますね。

わたしにあんなひどいことした人を
大好きだったなんて!

と言う想いは、自己否定です。

あんなにひどいことをした人でも
その時は大好きだったから一緒にいた。
と言うことですからね。

大好きだから一緒にいたいし一緒にいた
過去のじぶんを否定していることになる
ってことです。

だからその想いを持ち続けるなんてことは
じぶんに対してとってもかわいそうなこと
って分かって頂けますでしょうか?

そんな人でも大好きだったから
一緒にいたんだよね、わたしは。

と言うことをまず受け入れてあげないと
その想いを終わりにすることはできません。

思い返せば最低な人だとしても笑
その時は大好きだったから一緒にいた。
それは尊い素敵な想いです。

それを否定したらわたしがかわいそう!
と思えていない人が多いので
想いを終わりにできてないってことです。

これはなにも恋人にしか当てはまらない
ってことはなく、心にしこりが残る場合は
全てこれに当てはまると思って点検すると
良いと思います。

なにせ自己否定ってのは
じぶんが先に進むことを止めますので
徹底的に見つけて受け入れてあげる
ってことが大事です。

このことは散々ワンチャイメルマガで
書いたんですけど
覚えていてくださってますでしょうか?w

人と言うのはじぶんのこととして物事を
受け止められないと
なかなか理解しようと思えないものですが
この想いがないって人は
多分いないんじゃないかなーと思います。

せっかく前に進もうと言う意思があるのに
気付いていない想いがあるせいで
そのスピードを遅くしているとしたら
もったいないですからね。

心はいつも大切に扱ってくださいね。

と言うわけで、本気でいろんな想いに
ちゃんと気付きたいなと思う場合は
ワンチャイ受けてみてくださいね。

そうそう、最近ワンチャイメルマガを
少し書き直しました。

最後のお手紙でお届けしたセールスレターは
実は事情があって簡易版にしておりまして
やっと新しい完成版ができました。(遅っ)

もしご興味がある方はぜひメルマガご登録くださいね。

では、今日も読んでくださりありがとう♡

2016-04-06 16.49.52

この記事を書いている人 - WRITER -
ケイティ
ケイティです☺︎生まれながらのサイキックで、いろんなことを宇宙に教えてもらって生きてきました。 心の探求とこの世の法則の研究が好き過ぎて、宇宙人と一緒にワンダーチャイルドレッスンを創りました。 一見ぶっ飛んでる風味ですが、じぶんのサイキックな部分を疑っていた時期もあったので、意外と論理的思考もしています。 右脳と左脳の統合、ハイヤーセルフと今ここのじぶんの統合を目指し、じぶんを知って自由になりたい人を増やす為にレッスンを提供しています♡
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© ケイティのワンダーチャイルドレッスン , 2016 All Rights Reserved.