あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

じぶんの好きなことで、じぶんの価値で仕事する。。。

2015.12.1|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

こんにちは、ケイティです。

わたしは今じぶんの好きなこと、じぶんの価値、

じぶんの得意なことで仕事をしています。

と思われているんでしょうか??

一部分は真実ですが一部分はそうではないと思います。

わたしは夏までは仕事は辞めようと思っていました。


理由はいろいろありますが、本当にもう辞めようと思っていました。

そんな中、心を細かく観るよりも

お金を稼ぐのが結局変わるの1番早いのかもと思い

その機会が得られたので、お金を稼ぎましょうー!

と言うとできない人の方が多かったんです。

 

なんでだろう?と悩みましたが、結局

わたしはこういうことをやっています!

と自信を持って言えないんだなーと分かりました。

 

じゃあ好きなことや得意なこと、あなたの価値でお金を稼ぎましょう!

ってできたら良いなとわたしも思いますが

それもなかなか難しいと思います。

それも結局わたしはこういうことをしています!

と言えない人が多かったからでした。

 

簡単に起業しよう!みたいな風潮もあかーん!と思います。

お金を稼ぐことは大事だし、その経験をすべきだとわたしも思いますが

じぶんで決めてしまっているセルフイメージを知らずして

価値提供をしても、結局のところ無理でしかないから

女性は特に撃沈するんだろうなーと思います。

 

 

そうなると結局じぶんの本当の価値って何?

ってことを伝えるワンチャイしかわたしにできることはないのね。

と言うところに返ってきたのでメルマガもちゃんと書きました。

 

好きなことで仕事できたら良いですよね。

それが一番楽で良いのかなと思います。

好きな人とだけ関わって仕事できたら良いですよね。

それも一番楽で良いのかなと思います。

 

でも、それだけだと提供できる価値には限りがありますし

世界も全く広がらないと思います。

安全だしずーっと居心地は良いのかも知れないですけどね。

 

わたしは人間なんて弱いししょーもないんだから

そのしょーもなさにとっとと気付いてやるべきことをやった良いんだよ!

だから根っこを観た方が早いんだよ!

根こそぎ変わった方が良いんだよ!

 

ってことばっかり言うので、ゆるふわ系では全くなく

アニキと言われてしまうのも仕方ないんだなーと今日気付きました。

怖いと思われるのも仕方ないんだなーと思うんですけど笑

でもやっぱりじぶんを知るって本当に大事なことだと思います。

だって他でもないあなたの人生を生きるためですもの。

 

やるべきことをやるってのはとても面倒臭いことの連続です。

でも、それを通過しないとわたしが望む世界には行けません。

だからわたしはそこをサボらないようにしています。笑

 

なので、もしあなたが今苦しくてもっとじぶんらしく生きたいなー

と思うなら、ちゃんとじぶんのこと知ったら良いと思います。

なんかじぶんの価値で稼ごうとして苦しんでる人が多いんだなー

と知ったので、書いてみました。

 

仕事するのにも一番大事なのはマインドですからね。

女性は感情が優勢なので特に心が大事です。

嘘をつくと本当に苦しくなっちゃうのです。

わたしも経験がありますし、そういう人をたくさん観ています。

ゴリ押しでもお金は稼げますけどね。

わたしはそれは推奨しないんです。

 

心はあなたの資産です。
その資産価値が上がれば稼ぐ金額が上がるのは当たり前です。

お金を稼ぐだけではなくて、生きていくために心が健やかであることは

身体にも影響しますし恋愛にも影響しますし家族にも影響します。

結局総てに影響するから心は大切にしましょうね、と言いたいのです。

 

では今日も読んでくださりどうもありがとう。

2015-12-01 16.13.17








 

 

 

                  ワンダフルな人生を生きる♡
              ケイティのワンダーチャイルドレッスン
                 宇宙の真理を理解して
               どんどん自由になっちゃうメルマガ♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
イティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

関連記事

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL