じぶんを知って自由に生きる

ワンダフルな人生を!ケイティメルマガはここをクリック♡

人を通してじぶんを知ること

ケイティ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ケイティ
ケイティです☺︎生まれながらのサイキックで、いろんなことを宇宙に教えてもらって生きてきました。 心の探求とこの世の法則の研究が好き過ぎて、宇宙人と一緒にワンダーチャイルドレッスンを創りました。 一見ぶっ飛んでる風味ですが、じぶんのサイキックな部分を疑っていた時期もあったので、意外と論理的思考もしています。 右脳と左脳の統合、ハイヤーセルフと今ここのじぶんの統合を目指し、じぶんを知って自由になりたい人を増やす為にレッスンを提供しています♡
詳しいプロフィールはこちら

わたしは昔シールをたくさん持っていて
友達と目標かなんかを一緒に書いた時に

「好きなシール使って良いよ!
これとかかわいいんだよ!
好きなの使って☺︎」

って言ったけど、
控え目にしか使ってくれなくて。

でもわたしが席を外したら、
好きなのをたくさん使ったみたいで

使ってくれて良かった!

と思えたのと同時に、

人は、じぶんがこうしたいとか、
これ欲しいって言うことや
それを行動に移すことが苦手なんだな

と言うことを、
その友達を通して理解した。

わたしは食いしん坊だから
好きな食べ物が並んだら遠慮なく頂くので
(本当に、すっからかんにする位食べる)

「お菓子って出されたら食べて良いんだね!」

と友達に言われたこともある。笑

食べたいなら食べたらいーじゃん!

と食いしん坊としては思うけど、
シールの時と同じように
じぶんが欲しいものを欲しいと言えない
とか、
行動に移すことが出来ない
ってことがやっぱり人にはあるんだな
と、その時また思い出した。

そして
「わたしは人に言いたいことを言うから」
と強がって言う人たちも、
面と向かうと大事な事は意外と誤魔化すんだな、
と言うのも観て来て、
やっぱり人は本当の想いを伝えるのが
苦手なんだな、と理解する。

嫌われたり、悪口言われたりするかもとか
こんな風に思われたら嫌だなと思う
って想いが根底にあるからだよね。

同様に、わたしの中にも、人に遠慮せずに
言えたりやったり出来ることと、
遠慮して言えなかったり出来ないことがある。

そして出来る事は当たり前だから気付かないし
出来てない事は観るのが痛かったりするから
無意識に気付かないようにしている。

人ってみんなそんな風に出来てるから
人を観てしかじぶんを知れないことが多い。

だからじぶんの外側の何かに心が反応したら
じぶんの内側がじぶんに何かを知って欲しくて
反応させて、気付かせてくれるのです。

なんか嫌な気持ちになるとか
ムカつくとか、嫉妬するとかね。

それは、なんで感じるかっていうと
本来のじぶんからかけ離れるから
その嫌な感じが襲ってくる訳だけど、
だからこそ、

じゃあ本当はどうなりたいの?

本当はどうしたいの?

と言うことを、わたしたちは
じぶんに問いかけることが出来るのです☺︎

みんながいてくれるから、
わたしはわたしでいられるし
わたしも誰かにとってそう言う存在で在りたい
と思うから、わたしはこの仕事をしてるんだな
って思う。

結局わたしはじぶんのことが大好きで
じぶんを追い求めているってこと。

これはみんなも同じ。

だからこそ、じぶんの居心地の良さの追求を
じぶんにも求めるし、
みんなにも推奨しまくっています。

それだけは、じぶんでしか分からないことだから☺︎

img_2496

この記事を書いている人 - WRITER -
ケイティ
ケイティです☺︎生まれながらのサイキックで、いろんなことを宇宙に教えてもらって生きてきました。 心の探求とこの世の法則の研究が好き過ぎて、宇宙人と一緒にワンダーチャイルドレッスンを創りました。 一見ぶっ飛んでる風味ですが、じぶんのサイキックな部分を疑っていた時期もあったので、意外と論理的思考もしています。 右脳と左脳の統合、ハイヤーセルフと今ここのじぶんの統合を目指し、じぶんを知って自由になりたい人を増やす為にレッスンを提供しています♡
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ケイティのワンダーチャイルドレッスン , 2016 All Rights Reserved.