あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

モテ自慢するよりじぶんに関心を♡

2016.2.24|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

こんにちは、心の整理整頓家ケイティです。

えー、会う度にモテ自慢する男性って
割といますよね。

でもわたしは特に興味がないので内心では
ヘー(棒)で笑顔で聞いています。

まあでも女性の話をちゃんと聞いて
関心も示して身につけているものや
その他もろもろ褒めたり出来て
普通に話も面白ければ大概の男性は
モテると思うのでへー(棒)で聞いてても
あなたはまあモテるでしょうね。

と思いながら聞いています。

付き合ってその状態が続くかは
非常にさて置きですけどもね、ええ。
(わたしはそこにまるで期待がないので
へー(棒)なのです。笑)

基本的に人はじぶんに関心がある!
あなたのことちゃんと観てますよ!
あなたのことちゃんと知ってますよ!
と分かると嬉しいものです。

だから好きな人に対してそれが出来たら
最初はうまく行くと思います。
そこまでなら非常に簡単です。
(問題は続くかどうか。笑)

わたしは基本人の話を聞くのが仕事なので
その原理はとてもよく分かります。

わたしを信頼して貰えないと心の奥のことを
話して貰うことは絶対に出来ないからです。

分かって貰えてる、この人なら分かってくれる
そう思うと人は安心すると言うことです。

要は承認されると嬉しい、と言うことですね。
でも簡単にテキトーな承認を他人から貰っても
あなたの中でそれは持続しません。

それがわかってない人が
この人はわたしを分かってくれる♡

そう思うと何が起こるか?
と言えば
もっとクレーーー!!!
になります。

クレクレ星人てやつですね。
かまちょってやつですね。
最上級の呼び名はメンヘラです。笑

わたしにもそんな闇の時代がありました。
メンヘラケイティです。笑
だからこそ分かるんですけどね。恥。

しかもわたしはあなたをちゃんと分かってる♡
と、話を聞く方も聞く方で、そこで
甘〜い自己重要感がこれまた満たされるので
知らぬ間に需要と供給がマッチング!!!
してしまうことのなんと多いことか。

セラピストさんでこれに気付いてない人も
たーーーーーーーーーーくさんいますしね。

それでお金儲けも簡単に出来てしまうので
そーゆービジネスも多いですよね。
怖いですねえ。

でもわたしはそーゆーの嫌いです。
なので容赦なく滅多斬りします。笑

だからまずはじぶんでじぶんを知って満たせ!
なんです。
そのやり方を伝えるのがわたしの仕事です。
それがワンチャイです。

それが分かってたら

あなたを見てるよ♡
分かってるよ♡

と言いつつエネルギーを奪おうとする人を
撃退できるので無駄な人間関係が減ります。笑
無駄な恋愛も減ります。笑

つまるところ何が言いたいのかと言いますと
他人に承認されて喜ぶよりもじぶんでじぶんを
まずは承認出来る人間になりましょう!!!
と言うことです。

それが出来てたら

もっと言ってーーー!!
もっと褒めてーーー!!
もっと愛してーーー!!

とはならないのです、ええ。

それどころか、褒められたらそれをしっかり
ありがとうございます!!

と受け止めれられるので、それを更に循環しよう!
と言うエネルギーに変換出来る人になります。
まあ素敵♡笑

とゆーわけでモテ自慢よりもじぶんにモテる
とゆー方向で行きましょう(*´▽`*p♡q
とゆーお話でした!

その為にもワンチャイ受けてね!

ではでは読んでくれてどうもありがとう♡

12733543_961742107206835_555780620815509358_n モンスターお気に入り♡

           じぶんの内側から変化する力を絶えず生み続ける究極の知恵♡
          ワンダーチャイルドレッスンのやり方の総てを読んで完全に理解する☺︎
                約50万円分の内容を完全無料公開してます♡
                ご登録は↓こちら↓から♡無料です♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

LINE@もやってます♡
内緒の小話やらたまーーーーに届きます!
メルマガやブログにも書いてないようなことを書いてます♡
お友達になってね!
友だち追加


ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
じぶんとナカヨシステムのご案内はこちら
単発メニューファイブスターライツ☆リーディングのご案内はこちら

ケイティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

石崎 桂子さんの人生のストーリー

           

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL