あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

完璧主義って自己否定。

2015.11.7|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加



こんにちは、ケイティです。

わたしが仕事をしていて一番感じることはみなさん受け取り下手ってことです。

あと完璧主義の人がとーーーーーーーても多い。

とーーーーーーーーーーーーーーても多いのです!

友人曰く完璧主義であるほど自己否定している、と。

 

あらやだ、そのとーりじゃない!と今更気付いたケイティです。

 

褒められてもそれを受け取らないんですよね。

すなわちわたくしは褒められるには値しない人物です!

またはまだまだこんな状態では褒められるには値しないです!

と断言表明表現しているんですよ、と。

いずれにしても褒められたじぶんを自己否定しているんですよ、と。

あらやだ、残念。

 

でもですね、受け取るのって高度な技なんですよね。

じぶんのことを受け入れてなかったら褒め言葉を受け取れないですよね。

じぶんを受け入れてないから受け取れないってことですよね。

前述の褒められても受け取らないって言うのは

言ってくれた人に対しても失礼ってことを分かってないですしね。

 

せっかく褒めてもらっているのに

そんなのわたしは嫌!

って突っぱねてたら、現状維持しかないですね。

もしくは衰退。進化なし。単なるわがままさんですね。

 

あなたはこれについてどう思いますか?

そのように思いますか?

そして思い当たる節はありますか?

(一応書いときますけど目標に向かって日々の努力が出来ている人が

きちんとその道を進みながら褒められて、あざす!でもじぶんまだまだっす

って言うのとはちょっと意味が違いますからね)

 

自己管理はまず管理できるように工夫するってとても大事ですが

多くの人は、工夫なく理想を求めて完璧にやりたがります。

でもやれるのは結局管理計画を立てた当初だけ、と言う人類あるある。

つまり無理があるから管理しきれずに破綻もしくは崩壊、と言う人類あるある。

 

なんでこうなるかと言えば完璧にしなくっちゃ!って思うからですよね。

なぜなら今のじぶんダメだから、と言う自己否定があるからです。

ダメだから厳しくしなくちゃって完璧を求めるってことですよね。

 

でもそもそも出来てない状態から始めるのに最初から厳しい管理体制だったら

そんなの続く訳ないと思いません?

しかも厳しいから続かないだけなのに、完璧にできないじぶんを自己否定

って言う最高なる悪循環。

でも大なり小なりこんな人がとーーーーーーーーーても多いですね。

 

それが嫌ならじゃあどうする?(かように解決策を出すのに絶対大事な自問です)

って心と脳みそ使ったら、無理のない計画を立てようってなりません?

 

そしたら自己否定減りますし、達成できることが増えた分自己肯定も増えると。

完璧主義がいかに効率悪かってことにも気付けます。

そうなっていくと自信につながってわたしはできている!

と思えるから褒められてもありがとう!!

と受け取れるようになる、ってことです。

この構造が分かってないから受け取れない人はとーーーーても多い。

もったいなすびですね、本当に。

 

てな訳でこれを読んでなるほど!

と思えたあなたは今すぐこの仕組みを取り入れていろいろ見直してみてくださいね。

今後ワンチャイではそのあたりの自己管理も一緒に観ようかなと思ってます。

みんなにしあわせになってほちーのよ、わたしは。

一人でモチベ保って継続するのって大変だからね。

でも、ちゃんとじぶんの心と脳みそはいつも使ってくださいね。

あなたがじぶんをしあわせにするんだ!ってコミットしなかったら

潜在意識の奥から人生が変わることなんてありませんからね♡

2015-11-07 17.31.31

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

マインドブロッコリーは咀嚼して排出。

                  ワンダフルな人生を生きる♡
              ケイティのワンダーチャイルドレッスン
                 宇宙の真理を理解して
               どんどん自由になっちゃうメルマガ♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
イティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

関連記事

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL