あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

弱くても全然いいってじぶんに思えたら強くなる。

2015.12.14|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

こんにちは、ケイティです。

今日はザパワーオブザハートを観ました♡



これワンチャイを受けてくださった方には

とっても入る内容だと思います♡

終始号泣のおけいちーでした。笑

本当に素晴らしい映画です。


ハートの声に従いましょうってよく言いますが

これは感情を大切に扱わない人には

ちょっとわかりにくいと思います。


映画の中で、人間だけがじぶんの本当の声を聴かずに

生きる屍になりうると言っていて

まーさーに!

とわたしは思うのです。



じぶんに嘘がつけない人はどうしても苦しくなって

人生のどこかのタイミングで感情を無視できなくなるのでしょうが

多くの人はそれを潰しても生きていけてしまうんです。


みんながそーやるんだからそーゆーもんなんだ、と

何にも感じず疑問も抱かず考えずに生きていると生きる屍になります。


これを読んで、いや、わたしは違うから大丈夫。

と思ったあなたは要注意です。笑

そう思う人は強がりさんでじぶんの弱さを認められないからです。



でも人間なんて弱いししょーもない生き物なので

じぶんの弱さを受け入れている人ほど、

本当の強さを手にいれることができます。


じぶんの弱さを無視している人はすべからく

わたしには苦しそうに観えます。

だってその弱さの部分も大事なじぶんなのに

無視して否定して全く受け入れていないからです。

無視されるって一番悲しいことを

じぶんに対してやっているからです。



わたしは今だにできるフリしていたいですし

なんでもわかってるフリしたいんです。

相変わらず強がりたいわたしがいるんです。


でも、そんなフリをしなくちゃいけないほど

わたしはじぶんを認めてない部分がまだあるんだー。

と、うちひしがれないと、わたしは更なる強さと

生きる智慧を手にいれることができないと知っています。


それはいつも悔しいけど、楽しく幸せな気付きです。

またわたし自身が鍛えられて大きくなれると分かるから。


人生ってそんなことの繰り返しなんだと思います。

弱くていーのです。

不安になって当たり前なのです。

そんなじぶんに絶対に厳しくしたらダメなのですよ。


だって、かわいそうですよね?


一生懸命できるフリしないといけない

と思っているあなたはとても健気です。

その健気さをちゃんと観てあげてほしいなと思います。


多くの人はできないこと、足りないことを観るのが得意です。

でもいつも、できていること、すでに持っているものを観ましょう。


それに気付いてないと言うことは

あなたの中でできることと既に持っているものが

当たり前になっていると言うことです。


当たり前になっているってどう言うことかと言えば

見落としているから感謝できてないってことですよ。


その当たり前って本当に当たり前なの?

ってちゃんと聴いてあげてほしいなと思います。



あなたが過去に頑張ったから、今そうなっているのに

そこの貢献を無視したら、悲しむのはあなたなんですよ。

IMG_9604
と言う訳でハートを大事にしましょうねー!

と言う意味を知りたい方はメルマガ読んでいただくか

このDVD観てください♡

本当に素晴らしいです!!



では、今日も読んでくださりどうもありがとう♡


           じぶんの内側から変化する力を絶えず生み続ける究極の知恵♡
          ワンダーチャイルドレッスンのやり方の総てを読んで完全に理解する☺︎
                約50万円分の内容を完全無料公開してます♡
                ご登録は↓こちら↓から♡無料です♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

LINE@もやってます♡
内緒の小話やらたまーーーーに届きます!
メルマガやブログにも書いてないようなことを書いてます♡
お友達になってね!
友だち追加


ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
じぶんとナカヨシステムのご案内はこちら
単発メニューファイブスターライツ☆リーディングのご案内はこちら

ケイティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

石崎 桂子さんの人生のストーリー

           

関連記事

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL