あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

ダンケルク

2017.9.11|ケイティティズムービー!★!

このエントリーをに追加

クリストファーノーラン監督大好きで♡

ダークナイトシリーズはわたしの中のマスターピースだし

インターステラーは感動の嵐。

メメントも昔これめっちゃおもろい!!

と思って観てたけどクリストファーノーランだった。

 

そして最新映画ダンケルク!!!



最初戦争モノだからどうしようかなーと一瞬心から悩んだけ

最高に良い意味で期待を裏切られた♡

これは絶対映画館で観た方が良いと思う。

 

しかも絶対IMAXシアターでご覧あれー♡

戦争体験がより濃くできますゆえ。

クリストファーノーラン監督がIMAX用のフィルムで撮ったらしいので

絶対IMAXで観て頂きたい。

わたしはそれをあとから知って1週間でこの映画2回観た。笑

 

陸海空全ての人が描かれて、

とにかく無事にこの瞬間を生きる!

と言うことを描き切ってると思う。

 

だから特に誰か一人に焦点が当たる訳でもないし

誰かが何かを語る訳でもないし、背景が観えることも

ほぼほぼない。

 

とにかく、あのダンケルクを生きて出て国に帰ること。

そこだけに焦点がひたすら当たってるから、

戦争って本当に恐怖の連続だったんだな

と言うことが他のどんな映画よりリアルによくわかった。

そこがこの映画のすごいところかも。

 

誰か一人に焦点が当たってなくて、

徹底的に感情移入させずに全体を描いているから、

とにかく恐ろしいと感じ続ける恐怖感、

(わたしは観てる間中、戦争とんでもない!と思ってた)

誰かが人を思いやる気持ち、

じぶんだけでも絶対助かりたいと思う気持ち、

とにかくただただ生きて家に帰りたいと思う気持ち、

無事に生きていたいと思う気持ち、

無事に帰っただけで役に立たなかったと思う気持ち、

亡くなった人を思う気持ち、

一人でも助けたい、力になりたいと思う気持ち、

戦争に携わってきた、たくさんの人の、

たくさんの想いをどうしたって推し量らずに観れないので、

わたしは結構な割合で涙を流しながら観ていた。

 

この映画の中だけで、人生で感じるいろんな気持ちを

わたしたちは味わうことができると思う。

 

個人的には、そんなに水浸しになったら

絶対わたしなら寒くて死んでまーう!とか、

飛行機で水面に落ちたら誰が助けてくれんの!

わたしならパニックで死ぬ!とか、

後ろから弾が飛んで来て生きてく人と死んでく人と

爆弾落ちて来て、生きてる人と死んでく人と

そんなんばっか観てたら、わたしだったら

どんな精神状態になるんだろう。

いつになったらこの苦痛が終わって

家で、じぶんのベッドで眠れるんだろう、

とわたしなら毎瞬思ったに違いない。

 

安全な冷房の効いた映画館でアイスティー飲みながら

のんきに観てるだけのわたしですら、

そんな気持ちになっていくほどの映像だったと言うことです。

 

これは絶対に映画館で観た方が良いと思う。

こんなに静かに人の内面が語られてるのが本当にすごいと思う。

脚本もクリストファーノーランだからなのかなと思った。

 

とにかく、戦争映画でつまらなそう、

なんて思って浅はかにもほどがあったわたしです。

 

他の戦争映画とは明らかに違うストーリーがそこにあるし

それを、こちらに体感させるほどの映像ってのは

本当にすごいと思った。

 

これは絶対小さな画面で観るものではないと思う。

CGほぼほぼ使ってないってんだから本当にすごい。

ちょっと音がでかすぎて、ビビりのわたしは

ちょいちょい飛び上がりましたけどね。

 

やっぱこの監督ほんと好きだなー♡

個人的にはこの親子の↓(赤いセーターの方)素晴らしさに一番胸打たれた。

本当に素晴らしい人たちだった♡

あんな場面で人を責めないって本当に難しいもの。

このお父さんの歴史と弟の人生の背景あってこそ。

素晴らしい♡



 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                  ワンダフルな人生を生きる♡
              ケイティのワンダーチャイルドレッスン
                 宇宙の真理を理解して
               どんどん自由になっちゃうメルマガ♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
イティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL