あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

掘り下げ考その2

2013.12.17|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

こんにちは、ケイティです。


昨日
の続きです。

人を観る、掘り下げの経験をするほどに、その

何となくこんな感じ?

と言う曖昧な部分が日本人の最も得意とする共感覚を用いて

言葉の背景に込められているその人の信念体系だったり

発する言葉とその奥にある信念との違いを違和感として感じたり

その人を目で観て感じる何かを情報と認識して紐解けるようになって

それらを言語化して、その状態を更に明確にしようと
掘り下げの質問が出来上がります。

サイキック能力は特別なもの
と思う人は多いと思いますが
多くの人は共感覚を用いて色んなことを察知しています。

例えば気にしていた人から電話が来たりとか
なんか友達が落ち込んでるみたいだなーとか
普通にやってますよね?

この話はセミナーでも実践会でもいつもしていて
その時は、みなさん確かに、と言う顔をされます。
(わたしはもうシータヒーリング™のセミナーなどはやらないのですが)

でも実際に、じゃあ掘り下げしましょう。
と言うと、途端に自分にはそんな力はないと思いたくなる。

思いたくなる、ですよ。

力がない、ではありません。

出来たらどうなると思いますか?

と言う方に掘り下げが出来ない理由があります。
創造主に聴けない理由があります。

ただ相手にきちんと注意を払うことによって
それだけで(!)色んな情報を人は既に読み取っています。
機嫌悪そうだな、とか楽しそうだな、とか普段やってますよね?

相手のあるがままの状態を観て
その奥にあるたくさんの情報を読み取ることは
相手に興味があればある程度は出来るはずです。

経験を積むことによって、それが更にデータとして蓄積されて
色んなことがパターンとして分かるようにもなりますし
曖昧さを読み解く能力も上がります。

深く堀り下げるというのは、対象に対して何となくこんな感じ。

という曖昧な部分を徹底的に排除して
その曖昧さをきちんと明確にしていく作業です。

だから、まずそこに発揮されるのは
いわゆるサイキック能力よりも状況を冷静に観る力だと思います。

それを分析するのが面倒と思うと掘り下げは出来ません。

その論理的な分析に加えて、人間には共感力というものがあるので
更に色んな情報を読み取ることが出来るのです。

それらを受け入れて行くことと
人を観る時に自分の信念体系を介在させない
と言うことさえ出来れば
誰でも素晴らしい掘り下げが出来るはずです。

だから掘り下げにおいて、曖昧さを掴み取る、感覚の右脳と
それを論理的に考えて言語化する左脳を
同時に使う事はとても大切です。

わたしは掘り下げが好きだったから追求を繰り返したお陰で
あーわたしって掘り下げの才能あるなー
とまで思えているのであって
誰でも同じような熱意があればそれは才能になると思います。

才能は自分で磨くものです。

あと、これはわたしがとても尊敬している
成功に於いて教育の大切さに重きを置いていらっしゃる方の
(わたしは教育ってその人の前提を作るものなので
とても大事だと思っています)
仕事に対する発想とも同じでした。
(と、わたしは思っている)

何をするにも最初に分析力を使って対象を深く掘り下げるのは
必須だと思います。

自分を知るにしても、やりたいことを見つけるにしても
仕事を構築するにしても、です。

掘り下げに対する考え方が変わると良いんだけど
どうだったかな??

そんなわたしの掘り下げを体験したい方は
ぜひセッション受けてみてね♡

では、今日も読んでくださりどうもありがとう!

 

 

                  ワンダフルな人生を生きる♡
              ケイティのワンダーチャイルドレッスン
                 宇宙の真理を理解して
               どんどん自由になっちゃうメルマガ♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
イティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL