あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

怒りを誤魔化して生きてると、どんどんいじける仕組みを解明。

2015.11.30|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

こんにちは、ケイティです。

わたしから観ると、いじけてない人ってほぼいません。


その位みなさんいじけています。

でもそれにじぶんで気付ける人はラッキーです。

そして、今の状態が苦しいと思って本当に変わりたい!

と言う強い気持ちがある人もラッキーだなと思います。

 

メイちゃんが本当に変わりたい人ってたまにいるよねと言ってました。

本当に変わりたい人ってたまにいるよね。

ですよ!たまに!です。笑

でも、わたしもそれはそう思います。

 

変わりたい!

って言ってもそのままでいることを選んだ人を何人も知っています。

関わりを断つと大概人は落ちていきます。

断つと言うか、なぜかみなさん一人の世界に入ってしまうので

こちらが何かを言っても、もう聞いてもらえなくなるって感じです。

 

でも、本当はわたしはみんな今よりもっとこうなりたい!

と言う気持ちはいつも持ってるんじゃないのかな?

と思っています。

 

変わりたいけど変わらないのを選ぶ方達は一律怒りを抱えています。

でも、自覚がない場合がほとんどなんです。

怒りって本当に感じるのは高度な技なので

(詳しくはメルマガをご参照ください)

人は大概怒りを感じることを誤魔化します。

 

そう、わたしたちは怒りを誤魔化して生きています。

誤魔化しているとどうなるかと言うと、本当の想いが観えなくなります。

でも本当には怒れないので、周りの人の言うことを受け入れます。

わたしは人に言われるような存在なんだな、と。

それを無理やり受け入れるので、あなたの本当の想いがどんどん

今のあなたから乖離していきます。

 

そうなると、どうなるかと言うと・・・。

どうせわたしなんて!

となります。

 

どうせわたしの言うことは間違ってるんでしょ!

どうせわたしの言うことなんか誰も聞いてくれないんでしょ!

どうせわたしのことなんか誰も分かってくれないんでしょ!

 

そして女子あるあるの、大爆発です。笑

大爆発できる人はまだ良いんですよ。

それすらできない人は、もっとじぶんを責めていきます。

他人を責められないのでじぶんを責めていきます。

 

そしてまた、どうせループにはまります。

それが行き過ぎると、目が死にます。笑

生きる気力を失います。きゃあああああ!笑

 

誰のことも信じられないので、世界が敵になります。

そして孤独になります。

そして、いじけます。

 

こう言う仕組みを多かれ少なかれみなさん心の中にお持ちだと思います。

わたしも末っ子なんでこれは根深く持ってました。笑

笑い飛ばせるようになるまで本当に、ほんとーうに、大変でした。笑

 

今でもじぶんを弱い立場だとじぶんが認定するとこうなります。

でももう癖だとわかってるので

あ、またやってる!

とすぐ軌道修正出来ます。

 

なので、どうせわたしなんて、と一度でも思ったことがある方は

じぶんの中の怒りをくまなくチェックして、怒りを誤魔化してないか?

きちんと観てみると良いと思います。

 

いじけってのはお金を稼がない一番の原因と言っても良いかと思います。

怖いんだよー!笑

あなたの想いにいつも気付けるようになってね。

では、今日も読んでくださりどうもありがとう♡

 

関連記事 人のモチベはなぜ下がるのか?

2015-11-30 14.24.02

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 

           じぶんの内側から変化する力を絶えず生み続ける究極の知恵♡
          ワンダーチャイルドレッスンのやり方の総てを読んで完全に理解する☺︎
                約50万円分の内容を完全無料公開してます♡
                ご登録は↓こちら↓から♡無料です♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

LINE@もやってます♡
内緒の小話やらたまーーーーに届きます!
メルマガやブログにも書いてないようなことを書いてます♡
お友達になってね!
友だち追加


ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
じぶんとナカヨシステムのご案内はこちら
単発メニューファイブスターライツ☆リーディングのご案内はこちら

ケイティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

石崎 桂子さんの人生のストーリー

           

関連記事

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL