あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

日本人あるある。ありのーままのー姿見せられなーいー。

2015.12.9|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

こんにちは、ケイティです。
 
ぜひ今日のタイトルはレリゴーのメロディーで歌ってくださいね

と言いつつダースベイダーです。笑
image














これはワンチャイやっててほぼみなさんが持っている信念なんですよ。

ありのままの姿を見せられないと言うか

本当の想いを伝えることができないと言う方がしっくり来る方も多いかな?



小さい頃から伝えられなかったあなたの本当の想いは

更にあなたの意識下に落っこちてしまって

本当の気持ちがもうどこに行ったのかもう分からない。

だから伝え方が分からない、と言うのは本当によく伺います。



わたしがワンチャイで掘り下げをしてご質問をしても

それに答えられない方は意外と多くいらっしゃるのです。



意外でしょうか?

でもその位、多くの人が本当の想いを埋没させて来たと言うことです。


これを読んでくださっているあなたはいかがでしょうか??


たとえばわたしの末っ子の例で言うと・・・。

わたしの場合はなんでも先回りしてやってくれてしまう

パワフルな母の影響で、いつまで経っても家族の中で

末っ子のわたしは一人では何もできない小さいおばかちゃん♡

と言うキャラ設定が家族の中で定着していました。笑

(と言うか今も家族にとってはそうらしい笑)



なのでわたしは何もできない小さい子でいた方が愛される

と言う信念をじぶんで作り上げてしまいました。


おまけに母が、わたしは本当はこうしたかったと思う間もなく

わたしを愛するがゆえにいろいろ先走ってしてくれたので

わたしはじぶんにとって必要なことってのが全くわかりませんでした。


なので、とりあえず、やりたくないことは絶対にしない。

絶対にやりたいことだけは、絶対にする。

それ以外はじぶんでは考えないでなんとかなるからそれで良い。

と言う人生他人事スタイルが定着してしまったのでした。



という訳で学校の勉強はしない、就職もしない、働くの嫌。

という状態で大人になったので

30過ぎてから人生のツケの回りっぷりがすごかったのです。笑


わたしには何がわたしにとって必要なことなのか?

を考える知恵がないので(それに気付こうともしないくらい能天気で頭が悪かった)

好き嫌い、興味があるなしに関しては相当はっきりきっぱりしてましたが

本当のじぶんの想いを出すことに関してはよく分かりませんでした。


なので彼氏に対してもじぶんの好き嫌いははっきり言えるえけど

じぶんの本当の想いがよく分かってないので彼のことは好きだけど

甘えるの定義が恐ろしくズレてたな〜と思います。


わたしは何にもできない方が愛されると(無意識で)思っていたので

依存だけで接して、それに応えてもらうのが愛だと思っていました。

なのでそれに応えてもらえないと怒るって言うとっても痛い人でした。

結果フラれるって言うとても残念な仕上がりの若かりし頃のわたしでした。


うわーケイティ超痛いねー!しょっぱーい!

ってあなたに鼻で笑われることを承知で、わたしのようなパターンも

実にあるあるなので書いてみました。恥。


そんな訳でですね、人それぞれ、本当の想いを見失う原因てのが

人生のどこかで起こっているんですね。

そこを紐解いてあなたがじぶんで本当の想いに気付いてあげれば

あなたの意志で同じパターンを打開して人生を変えていくことができる!

と言う訳です。


なので、じぶんを知るってのがとても大事ってことです♡

ありのままのじぶんをみせるよりも何よりも

まずはあなたがありのままのじぶんを知らないと

その見せ方も、わたしたちシャイな日本人にはなかなか出来ないのですよね。



と言う訳で今日も読んでくださりどうもありがとう♡

                  ワンダフルな人生を生きる♡
              ケイティのワンダーチャイルドレッスン
                 宇宙の真理を理解して
               どんどん自由になっちゃうメルマガ♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
イティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

関連記事

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL