❤️ALWAYS LOVE YOURSELF FIRST❤️ALWAYS LOVE MYSELF FIRST❤️

じぶんを知って自由に生きる

わたしはひとりぼっち、って言う勘違い。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ケイティです☺︎生まれながらのサイキックで、いろんなことを宇宙に教えてもらって生きてきました。 心の探求とこの世の法則の研究が好き過ぎて、宇宙人と一緒にワンダーチャイルドレッスンを創りました。 一見ぶっ飛んでる風味ですが、じぶんのサイキックな部分を疑っていた時期もあったので、意外と論理的思考もしています。 右脳と左脳の統合、ハイヤーセルフと今ここのじぶんの統合を目指し、じぶんを知って自由になりたい人を増やす為にレッスンを提供しています♡
詳しいプロフィールはこちら

こんにちはーケイティです!

わたしは以前じぶんがひとりぼっち
って思ってたんだな。

と言う大発見をしたことがあるので
今日はそれについて書いてみます♡

 

大の仲良しとの決別

わたしには10代から30過ぎるまで、
ずーーーーっと、
毎週のように遊んでいた友達がいました。
ほんと仲良しで、いつも一緒に笑い転げてました。

でも、わたしの環境が変わった時に
彼女のいじけた態度がしばらく続いて
「なんなのそれ!はっきり言いなよ!」
と怒ってしまったわたしは

「言いたいことがあるならハッキリ言いなさいよ!
そのいじけた態度が直るまで連絡してこないで!」

って言っちゃったんですよねー。
(いつも言い方が激しいわたくし😫)

そしたら、

「分かりました。」(ピシャリと扉が閉じた)

ってなってそれ以来疎遠になっちゃいました。

わたしはそのうちカラっと連絡来るでしょ
って思ってたんだけど、来ませんでした。
(おそらくわたしの言い方の破壊力のせい)

彼氏より一緒にいるの楽しくて
大好きだったから、喪失感ハンパなかったです。
ほんと失恋のようでした。笑

彼女は他に仲良しの友達がたくさんいたし
わたしと180度違って体育会系なので、
それ系の友達って絆が深いらしく、
友達との集まりもいつも楽しそうでした。

だから彼女にとってわたしって多分
珍しいタイプだったと思います。

じぶんで言うのもなんだけど、
わたしは多分友達だったら楽しいと思う。

 

人の心の扉を開くのがわたしの得意技♡

彼女の心の新しい世界の扉を
わたしは確実に開いてたと思います。

彼女はじぶんの心の内を表現するのが
とても苦手でした。

でもわたしはいつもハッキリしてたし
彼女には言いたいことを言いまくってたから
彼女もいろいろ言えて、そう言う意味でも、
楽しかったと思います。

で、その後、ずいぶん経ってから
彼女が夢に出て来てくれました。

久しぶりに夢で会った時、
彼女は相変わらずそのあたりが下手くそで、
友達はいっぱいいても
相変わらずひとりぼっちな感じがしてました。

やっと会えて、
今までどうだったの?
って話を聞きたかったけど、
連絡先だけ交換して
彼女は一人で去って行きました。

夢は、そこで終わりました。

 

心を閉ざしていたのはわたしの方だった

そして朝起きた時、わたしが感じたことは
わたしはひとりぼっちなんだな。。。。
って言う寂しさでした。

寂しいのは、彼女ではなくて、わたしでした。
ひとりぼっちだったのは、わたしでした。

わたしのおかげで彼女の新しい扉が開いた
って思ってたけど、
わたしも彼女に新しい扉を開いてもらったんですよね。

人を心から信頼するって言う。

そう言えば、わたしは彼女には言いたいことが
他の友達よりも安心して言えてたなーって思います。

それまでのわたしは、ハッキリ言いすぎて
友達を失うことのが多かったので、
言えないことも多くなりました。

でもわたしがハッキリ言うことを
初めて全部受け止めてくれたのは
彼女だったなーって思います。

だからいなくなって
あんなに悲しかったんだなー
って思うのです。

書いてて思い出したけど、
彼女がいなくなってずいぶん経って、
一人旅に行った時に、
彼女がいないことが悲しい😢
ってのがブワーーー!
っと出て来た夜がありました。
(こーゆーのがあるから一人旅は良い♡)

だから彼女に手紙を書きました。
住所も忘れちゃったし、出せない手紙。

泣きながら書いてたなー、そー言えば。
寂しかったんですね、本当に。

何書いたかも全然覚えてないけど
それでじぶんの気持ちを昇華したんですよね。

確かその手紙は燃やして、
その時は昇華出来た気がしてました。
(この方法おすすめですよ!
嫌いな人でも好きな人でも、言えなかったことを
手紙に書いて燃やすと割と昇華できると思う)

そのずっとずっとあとで、
今書いてる夢に出て来てくれました。

そして、わたしは朝起きて
わたしはひとりぼっちだな。
って思ったのですよ。

 

相手を信頼して、じぶんの言いたいことを伝えるのは勇気がいる

だって、もしかしたら怒っていなくなっちゃうかも。

そんな恐れがみんなにあるんだと思う。
ひとりぼっちになっちゃうって言う。

だからそれを言うじぶんを信頼出来ない。

だからそれを伝える相手も信頼出来ない。

わたしはハッキリしてるけど、
全員を信頼なんて全然してませんでした。笑

今は、嫌われたくはないけど、嘘つく位なら
人にどう思われてもいいので
言いたかったら言うって決めてますけどね。

でも、ちょっと前までは言えなかったです。
じぶんがそんなこと言っちゃダメって言う
遠慮のが勝ってました。怖くて。
怖いの正体はやっぱり嫌われたくない、です。

 

言いたいことを言って嫌われるのが怖い

 

やっぱり人間てそれだけ言いたいこと言えない
って遠慮や我慢してるんだろうなーと思います。

ちなみにこれ、心理学やってる人たちでも
全然言えないんだなー
ってのを目の当たりにしたことがあります。

仕事で心を扱ってる人たちです。
仕事の実績と顧客からの信頼からして
わたしには意外過ぎたけど、
それを観た時に、決して上から目線ではなく、

表向き人には立派なこと言ってても
実際の人間て、そんなもんなのかもなー。

と妙に納得しました。
わたしもそーですしね。

だからわたしはひとりぼっち
って心の底で思ってたんだろうなー
って言うのを本当の意味で理解出来ました。

そのくらい、わたしはひとりぼっち、
って勘違いは、わたしたち人間にとって、
本当は根が深いんだなーってことです。

気付かせないようにして流しちゃうもんね。
別に我慢してればいいことだし。
ってゆーか我慢だってことにも気付いてないし
何よりじぶんがひとりぼっちだなんて
認めるのは屈辱ですからね。

でも我慢ていらないでしょって思うわたしは
やっぱりたくさんの人がここに気付いたらいいよね
って思います。

 

じぶんの闇(←幻だけど)を受け入れるには段階がある

ただそのひとりぼっちだってのを受け入れるのは
おそらく、一瞬では終わらない。
人類にとって深すぎて。笑

受け入れて行く段階があると思う。
今はここまで、って言う。

でも、やらないよりは絶対やった方が良い。

わたしはその友達がいなくなってから
本当にずいぶん掛かりました。
その寂しさの根っこが、
わたしはひとりぼっちって思ってたからなんだな
ってことを突き止めるまで。

そのくらい深い想いなんだよね。
この嘘の思い込みの孤独感てやつはー。
絶対孤独になんかなれっこないのに!!

一瞬で変われたら楽なんだけどね。
地球人には時間があるのでね。
受け入れるのに時間が掛かることって
やっぱりどうしてもあるよね。

そう思うと時間は優しくもありますね♡

それを、前向きに捉えられるか、嫌だと思うか、
の違いは好みだけど、地道に受け入れなかったら
ある時一瞬で世界の次元が変わる!
って経験はなかなか起こらないので
覚悟を決めて、本当のじぶんで生きる!
って思う人が増えますように♡
と、わたしはいつも思ってます。

だって、そっちのが生きてて断然楽しいから♡

 

本当の想いを、相手とじぶんを大切にしながら伝えあいたい!

ってわたしは思うのでこの仕事してるんだと思います。

本当はそれができるのに、勘違いの寂しさで
本当の喜びを邪魔してるなんてもったいない!
ってわたしは思うから。

みんなもっと正直でいられたら、
わたしは生きててもっともっと楽しいな♡
って思います。

みんなもそうだと思うんだけど、どうかしら?😍

ではまたー!

 

Twitter フォローしてね❤️
この記事を書いている人 - WRITER -
ケイティです☺︎生まれながらのサイキックで、いろんなことを宇宙に教えてもらって生きてきました。 心の探求とこの世の法則の研究が好き過ぎて、宇宙人と一緒にワンダーチャイルドレッスンを創りました。 一見ぶっ飛んでる風味ですが、じぶんのサイキックな部分を疑っていた時期もあったので、意外と論理的思考もしています。 右脳と左脳の統合、ハイヤーセルフと今ここのじぶんの統合を目指し、じぶんを知って自由になりたい人を増やす為にレッスンを提供しています♡
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© ケイティのワンダーチャイルドレッスン , 2017 All Rights Reserved.