あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

行動するって言ってできる人とできない人の違い

2015.9.24|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加


こんにちは、ケイティです。

今日は超絶お金を稼いでいる(月商1,000万越)起業家女子

松尾メイちゃんと話して思ったことについて書いてみます。

 

メイちゃんもわたしもこれは絶対実現すると決めた願いや

目標に関する事はやり遂げるものだと思っています。

 

それをやり遂げた後の世界がイメージできてるから

それを得る為にはやるしかないよねって思うからです。

目的の為には進め!以外の選択肢は生まれません。

 

で、これは本当にお金を稼ぐ女性には全員共通していることで

当たり前の基準になっていると思います。

もちろん男性も稼いでいる人はみんな同じだと思います。

 

だからなんでそれが出来ない人がいるのかを不思議に思います。

この件については本当によく2人で話すんですけどね。

 

女性の場合は特にパートナーが夢の実現を邪魔したりとか

周りの目が気になるとか、嫉妬されるからとか

良く分かんないけどそう言う妨害に会うと心が折れるらしい。

 

でも良く考えて欲しいんですけど、その目的を実現したり

夢を叶えたりってそもそも誰の為にやる事なんですか?

 

 

わたしは誰に何を言われてもじぶんのやりたい事は

絶対にやり通してきました。

誰に言われてもじぶんがやりたいならやるの当たり前ですよね?

わたしがこんな事をやってどう思われるかな?って思ったとしても

あなたが本当にその夢を叶えたいならどう思われても良くない?

嫉妬されて面倒臭いとか言ったって、そんなの関係なくない?

つーか嫉妬してるって事は羨望の的って事なんだから

羨ましいのね、おほほって思っておけば良くない?

って思うんですよね〜。

 

つまり要するに外的要因に目標をへし折られるのは

実はあなたの心の現れが何かしらの形で出ているだけなんだ

って理解してたら良いと思うんです。

 

あなたがその目標や夢を実現するのを少しでも怖いとか無理とか

思っていたとしたら、怖いとか無理と思う現実が現れます。

心理学でこれを投影って言うそうです。

(友人の高井佐友里ちゃんが今日投影についてブログ書いてました♡)

 

心理学で言われている位、一般的って言うが学術的な話なんです。

ならば簡単に信じられませんか?

わたしが話すスピとか精神世界の話よりも。笑

要はこの世界はじぶんの内側の世界が外側の世界に反映・投影されてる

ってだけの話なんです。

 

だから周りのせいにしないでいつだってじぶんで決める覚悟を

人生に於いて持てる人が増えたら良いなと思います。

 

やるって言って出来ないのは心が弱いから

って言うのではなくて、あなたの中にそう思う原因があるってだけです。

その理由が分かれば改善したいなら改善したら良い

そのままで良いならそのままにしてたら良い。

ただそれだけです。

あなたの人生の中で選択する権利を与えられているのはあなただけです。

わたしたちってなんて自由なんでしょうね!♡!

 

実に実に実に、シンプルな話なんですが、

心の中がこんがらがっている人が多いので

簡単にあーそうか!と思える人とそうでない人がいると思います。

 

と言う訳で、あなたが行動する、やるって言ってやり遂げられないのは

あなたの内側にそれに対する自己不信や恐れがあるから、ただそれだけです。

 

だから何やってもなかなかうまく行かないなーとか

やりたい事、実現したい事はあるはずなのにどうしても

出来ないんだよなーと思うなら、一度あなたの心の中を

総点検してみたら良いと思います。

2015-09-24 15.44.57


では、今日も読んでくださりどうもありがとう!

関連記事 人のモチベはなぜ下がるのか? 

自己不信てのは自分を信じてないって事ですよ?

 

                  ワンダフルな人生を生きる♡
              ケイティのワンダーチャイルドレッスン
                 宇宙の真理を理解して
               どんどん自由になっちゃうメルマガ♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
イティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

関連記事

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL