あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

純度100%の想い

2015.2.13|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

こんばんは☆
本日は大好きなお友達に送ったメールが
あまりにも秀逸だったので笑
そのままコピペしてしまおうと思います。
おほほほほほ。

でもこれはわたしが最も皆さんに
お伝えしたいことでもあり
わたしが仕事で言い続けている事でもあり
わたしが人生でやり続けて行くんだろうと思う事です。

これを読んで理解して頂ける人が増えるなら
わたしはもうワンチャイをやらなくても良い!
と思います。


なので、あなたがこれを読んで理解して実践して
お役に立てるなら、とってもとっても嬉しいです♡

因みにどうやって人を頼ったら良いか分からない
とお友達に聴かれた事へのお返事です♡

 

人は自分の本心を言うのが怖いから頼る事が苦手なの。
これを言ったら受け入れて貰えないかも嫌われちゃうかも
とかなんとかで恐れてるって言うアホで単純な理由だよ。

わたしはセッションで圧倒的な敗北を認めようね
って言うことがあるの。
勝ち負けにこだわってる人はいつも自分が負けてるとか
劣ってるって思ってるから負けを認めるのが辛いのです。

わたしの場合は末っ子で生まれた事が人生の負けで
わたしは生まれながらのマイナススタートなのよ。

だから、絶対に親兄姉にわたしを認めさせる!!!
と思って悔しい思いをいっぱいして来たんだけど笑
絶対に認めさせてやるって
絶対認められてないと思ってる
が前提にあったわけです。
残念極まりないんだけど

わたしはこのネタで相当泣いて来たわ。笑

でもこの辺りの想いは誰にでもあるものでして、
それって惨めさに繋がってるの。
惨めさって人の最底辺にある感覚です。

自分が惨めなことを受け入れるのなんて絶対人は嫌なのよ。
でも惨めって決めてるのは他でもない自分なの。
これを受け入れて行くのは自分の本当の想いを無視し続けた
わたしたち大人には訓練がいります。

でも全然怖い事じゃないのよ。
ただ、そう思ってるんだーわたしは負けてると
思ってるから必死でその負けを隠そうとして自分に
嘘をつき続けたんだ、我慢し続けたんだ
って心底気付けば辞めることが出来る。

そこまで行くからじゃあどうしよう?
って本気で聴けるようになるよ。
そこまで自分の想いの純度を上げて行かないと
本心って出てこないのが大人の悲しい性なのです。

その純度100%の想いを伝えるのは恥ずかしいし、
何より受け入れて貰えるか分からないけど
ここまで来たら伝えるしかない。

伝えられる自分とそれを相手が受け入れてくれることを
信頼しないと出来ない。

でも純度100%の想いは人を動かします。

それが伝わらない時は、想いが純度100%じゃない
って言うだけの事だから何度でもやり直したら良い。

子供の出す想いはいつも純度100%だよね♡
わたしが小さい人たちが大好きなのはそう言う理由です。
純粋だから触れてるとわたしもそう在ろうと思える♡

だからいつも自分の想いを純度100%にするために
自分が本当のところ自分をどう思っていて
どう定義付けているかを認めて
じゃあどうしたい?
と自問して、それを人に伝えて行く事が大事なんだと思う。

この繰り返しで自分を信じて愛せるから
人からも信じてもらえて
愛されるって循環が深まるんだと
わたしは信じておりますの。

これって単純なことだけど、慣れてないし怖いから練習がいる。
でもってこれはわたしもまだまだ絶賛練習中なのです。

それをやるからこそ、たまには泣き顔もあるかも知らんが
わたしはわたしの繋がっている人たちと
いつも笑顔でいることしか観えてないよ。

わたしが出来る事は、泣き顔があったとしても
その先で人がそう在れることを信じると言うよりは
知っていることだと思うし
大切な人たちの笑顔の為に
わたしが出来る事は
総動員して何でもやる所存です♡

 

以上。

こちら純度100%の大大大好きなわたしのお友達♡
今一番のお気に入り写真です♡
不思議の国のアリスにどの瞬間も純度100%で夢中です。

彼女の純度100%の想いは本当に可愛くて
毎度毎度胸打たれるけいちーです♡

 

IMG_7642

                  ワンダフルな人生を生きる♡
              ケイティのワンダーチャイルドレッスン
                 宇宙の真理を理解して
               どんどん自由になっちゃうメルマガ♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
イティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

関連記事

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL