あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

感情優先で生きる

2015.1.4|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

こんちくはー。

昨夜は月が綺麗でしたねー♡



4時頃目が覚めてしばらく窓全開で観てました♡

月と雲と星がとっても美しかったー♡

凍えたーーー。www



さて。

わたしが常々思うことは

女性は感情優先の生き物だと言う事です。



感情って生きる原動力になります。

英語で感情はエモーションですが

モーション(動き)て言葉も入っていますよね。

(関係あるかは分からないけど多分あるはずw)



うれしかったりたのしかったりしあわせ!

と思うことがあれば今までより更に

人生に対して積極性とやる気が出ます。



そしてその状態が情熱を生んで

人生の創造性が上がり

更なる良いスパイラルを生む。

とわたしは思っています。



と言う訳で。

女性は特に!

感情が行動にダイレクトに作用します。



男性はここを観ない振りをして

頑張れる強さがありますが

(でも大事にした方が良いと思う~~)

女性はそうやると簡単に崩れるし

そう在っては本来の良さが引き出されないよ

それも全くね!!!

とまでわたしは思っています。



だからこそ。



感情を無視せず大切にしよう。

と言うことをわたしは日々こうして

しつこいくらいに言っているのでございます。



感情って簡単に言うと喜怒哀楽のどれかです。

怒りや哀しみは良くないとは言いますが

でもそれを感じていることをゴリ押しで

無視するのはもっとよくありません。



なので、どんな感情も

それを感じるに値するだけの理由があったよね?

と言うことをいつも自分に対して問い掛けて

その答えを聴いて上げる必要があります。



それがいつも出来ていたら

例えばもし自分が言いたいことを我慢して

言えず分かってもらえないことが悲しかった。



なんてことが分かった場合であれば

きちんと自分の想いを伝えたい!

と言うパッション(と敢えて言う)が

わき起こって

じゃあそうしよう!!伝えよう!!

と思えた上での行動が自分の為に取れるんです。



いつもいつもいつも!

あなたが何を望み、どうしたいのか、

どう在りたいのか?

それを問い掛ける必要があります。



そしてあなたが自分を大好き!

といつも言えるだけの在り方を

あなたの為に常に選べば良いのです。



疲れてそれも出来ないよ~。

と言う日があってももちろん良いんですよ。



わたしなんてここ数ヶ月部屋の掃除もおろそかに

ずーーーーーーーーーーーーーーっと

寝てましたから。



でもそれを否定しないってことが大事です。

そうなるだけの理由があったんだから

自分を罰しない。

これがとっても大事です。



寝てることにもいつかは飽きて何かしよう。

って必ず思えますからね♡



そしてそうやって自分と向き合ううちに

あなたが最も自分と仲良くなれる

あなたとの対話の仕方を観つければ良いだけです♡



そうやって心地良く生きるためにも

感情を大切にする、ってこと、

ぜひとも覚えておいて下さいね。



そしてもうひとつ女性にとって大切なのは

(てゆーか全人類にだと思うけどまず女子からね♡)

パートナーシップだと思います。

あなたが絶対的に安心出来る場所があることが

安心して感情を出せることにも繋がります。



これに関しては言いたいことがいっぱいあるので

また今度書きますね~。

今日も読んでくださりありがとう!

           じぶんの内側から変化する力を絶えず生み続ける究極の知恵♡
          ワンダーチャイルドレッスンのやり方の総てを読んで完全に理解する☺︎
                約50万円分の内容を完全無料公開してます♡
                ご登録は↓こちら↓から♡無料です♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

LINE@もやってます♡
内緒の小話やらたまーーーーに届きます!
メルマガやブログにも書いてないようなことを書いてます♡
お友達になってね!
友だち追加


ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
じぶんとナカヨシステムのご案内はこちら
単発メニューファイブスターライツ☆リーディングのご案内はこちら

ケイティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

石崎 桂子さんの人生のストーリー

           

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL