あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

意識する事のたいせつさ。

2015.9.5|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

2015-09-17 14.56.03

こんにちは、ケイティです。

今日は意識する事のたいせつさについて書こうと思います。

これはいつもわたしが言っている事で

意識は意識されない限り無意識なので

無意識を意識して自覚しよう、そしてそれが嫌なら変えよう。

と言う事です。

(無意識=癖と思ってくださいね)

 

一人グルグルいろいろ考えてしまってドツボにハマる方が

ワンチャイを受けてくださる方にはとても多いのですが

それも、じぶんはそうなってしまう癖を持ってるんだ!

と言う事を意識していないからです。

わたしのブログを読んでくださる方も

読んでくださるからにはきっとそういう傾向があるんだと思うのでw

もしあなたもそうなっちゃう人なんだとしたら

わたしには一人でグルグル思い悩む癖があるんだな。

と言うことを意識して、それが嫌なら辞める!以上!

で良いと思います。

 

で、グルグルしたらお散歩にでも出掛けましょう。

動けば気分も晴れますから、運動がオススメです♡

それで無駄に思い悩まなくて済むならこんなに楽な事はないですからね。

でもその後で、変わりたいならどうしたら良いのか?

を考えて行動してくださいね。

当然ですがそこまでしないと変化はないのです!

 

細かく観ていけばなんでグルグル考えちゃうのか?

の根っこはきちんと観てそれを改善する事は絶対に出来ますが

これを一人で観るのはよほど慣れていないと出来ないと思います。

じぶんの事って観えないですからね。

 

だから根本から変わりたかったら一度はどなたかに観てもらう事を

絶対にオススメします。

ワンチャイは根っこ行くので一緒にやるにはとても有効です。

ちゃんと日常で活かせたら一生もののスキルになります。

ただ、これもしっかり無意識でできるまで習慣に落とす必要があるので

これから受けていただく方には宿題をきっちりこなして頂く事にしました。

ワンチャイのやり方って人生の年月分じぶんを無視してきた部分と

向き合うのでやっぱり慣れるまでは少しだけ面倒なんです。

なので忘れてしまう方が多いし、ワンチャイ終わったらやってない!

って人が、、、多いのです。。。おーーーい!w反省です。。

慣れちゃえば1分以内で意識が変わるから本当に便利なんですけどね!

 

なのでよほど意思が強い方以外は、もちろん任意ですが

最初にわたしに報告する事に強制力を持たせる事で

嫌でも意識する機会を日常で増やして頂きましょう、と。

 

そうすると30日続けばそれは無意識に落っこちて習慣になりますからね。

なので最初は力がいりますが、慣れてしまえばスイスイです♡

自転車漕ぐのと同じ要領と思って頂けたら良いと思います。

 

最近3日を10回!と何度も言ってますけど

意識して習慣化するって本当に大事だとわたしは思っておりますよ。

こちらの記事も参考にしてください♡→人のモチベはなぜ下がるのか?

 

最近わたしが意識して無意識に落っことした事で

有益な情報ないかなーと振り返ったらいっぱいあるんですけど!

お風呂上がりに足の指を開いて指一本一本きちんと全部拭く。

ってのがありまして、これは冷えに良いのと歩き方の先生に

足の指はこの程度のマッサージを毎日してあげるだけでいいのよー

と習いました。

何に良いのかは、そういえば聞いてませんでしたがw

一本一本ちゃんと拭くと足の指まで大事にしてる感じがして

とっても心地良いです♡

 

あと最近3日も経たずにこれは辞める理由がない!

と思ったのが、お風呂入る前にオイルで頭皮マッサージをして

髪の毛にもオイルを浸透させてタオルで包んでから

汗をかくまで湯船に浸かるっってやつです。

髪の毛がとってもしっとりするんですよー!!!

これ、辞める理由ないじゃん!と思ったので2日で習慣になりました。

メリットが大きいと簡単に習慣になります。

そう言う事も覚えておくと意識を変えるのも楽しくなると思います♡

                  ワンダフルな人生を生きる♡
              ケイティのワンダーチャイルドレッスン
                 宇宙の真理を理解して
               どんどん自由になっちゃうメルマガ♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
イティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

関連記事

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL