あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

思考停止状態になれるシロダーラ♡

2015.9.15|こころとからだ

このエントリーをに追加

こんにちは、ケイティです。

あとで本持って公園でも行こうかしら♡

と思うくらい今日は爽やかですね!

芝生が好きなんですよねー。

どの国に行っても芝生を見つけ寝てしまいます。

 

本日は人って思考が停止するって相当難しいんだなー。

とは日々思ってはいたんですが

こんなにも脳みそに空白になってないのかー。

と言う事がよくわかった話です。

 

お友達の丸山千晴ちゃんがやっている

アーユルヴェーダサロン六花にて先日シロダーラを受けました。

千晴ちゃんのシロダーラについての記事はこちら

 

 

シロダーラの感想を話してみました。もうちょっとキレキレに話せたら良かったです・・・。


額にオイルを垂らし続ける事で、思考が停止してしまうんです。

相当なリラックス状態です。

なんとなーく意識はあるものの、思考が強制的に止まります。

千晴ちゃんの記事によると、オイルを垂らし続ける事で

頭の筋肉が緩むから、だそうです。

なるほどー。

 

頭の中の何かのスイッチを押されて強制シャットダウンて感じでした。



脳みそは本来考えたり記憶するところではなくて

宇宙の情報をキャッチするサーバーだそうなので

思考ってのは邪魔なものなかもしれません。

 

常にキャッチ出来ていたらその瞬間その瞬間で

必要なものをキャッチして対応できるそうなんです。

確かにそれはすごく納得します。

空っぽじゃないとチャネリングって出来ないですからね。

じぶんで考えてしまうとそれが邪魔をするからです。

 

そう言えばアクセスバーズも頭のポイント押して

ジャンクファイルを除去するので脳をクリアにしておく事って

本当に大事なんでしょうね。

 

シロダーラが終わったらその日の夜は不思議な感覚でした。

頭の中に空間があるのが分かるんです。

その空間がある限り、いつもと同じ量を考える事が出来ない感じがしました。

 

説明するのが難しいんですけど、その感覚があったお陰で

いつもすごい考えてたんだな、と言う事がよく分かりました。

その思考ってきっと無駄な思考なんだろうな、と言う事も。

 

シロダーラって、脳の断捨離だ!と、わたしは思いました。

捨てないと新しいものは入ってこないですよね。

空間がないと、新しい素晴らしいアイデアも湧かないから

シロダーラは定期的に受けたら良いんだろうな〜。

と思ったわたしなのでした。

 

特に、多くの人はリラックスする事が出来ないですからね。

これはヒーラー時代にほぼ全員そうだったなー

と言うのを観て来たので知っている事実です。

 

わたしもシロダーラをやったお陰で休んでいるようで休んでないじゃん!

と言う事がよく分かりました。

考えない方がコスパが上がるのかな?

と言う検証は出来てないですけど、きっとそうなんだろうとは思います。

 

だって、バッティングセンターやゴルフの打ちっぱなしやテニスで

会心の当たりが出る時って身体のどこにも力入ってないですからね。

 

考えるが力みだとすると、空白は絶対脳内に確保したいところです。

それがないとチャネリングは確実にやりにくいと思います!

 

と言う訳でぜひぜひサロン六花でシロダーラ受けてみてくださいね!

リラックス大事です〜。

みんな本当に頑張り屋さんなんですよ!

では、今日も読んでくださりありがとうございます。

 

           じぶんの内側から変化する力を絶えず生み続ける究極の知恵♡
          ワンダーチャイルドレッスンのやり方の総てを読んで完全に理解する☺︎
                約50万円分の内容を完全無料公開してます♡
                ご登録は↓こちら↓から♡無料です♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

LINE@もやってます♡
内緒の小話やらたまーーーーに届きます!
メルマガやブログにも書いてないようなことを書いてます♡
お友達になってね!
友だち追加


ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
じぶんとナカヨシステムのご案内はこちら
単発メニューファイブスターライツ☆リーディングのご案内はこちら

ケイティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

石崎 桂子さんの人生のストーリー

           

関連記事

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL