あなたをしあわせに出来るのはあなただけ。じぶんだけのしあわせの見付け方☆

kayty

ちゃんとやれば出来たのに。

2015.1.7|ワンダーチャイルドレッスン☆

このエントリーをに追加

こんちくは!

今日もうすら寒いですね。

海に行きたいです!

先日沖縄のお友達から電話が来たら

沖縄に行きたい病を発病中。。。





最近ちゃんとやれば出来たのに

やらなかった自分が悔しい

と言っていた人が立て続けに出現して

コンサルを受けてくれている方からも

ご相談頂きましてそれについて書いてみます。



こちらはコンサルのグループページにその方が

上げてくれたご相談です。



小さいときから、いつも勉強やら

夏休みの宿題やら

面倒なことから逃げていて、腰据えてやれば、

自分乗り越えて出来たろうに。

そうして来なかった自分が、すごく

今は、悔しく情けなく。

くっそ悔しい。

そんな中、深いところで、まだ、まだ、自分への絶望と

人への怒り(本当は自分にかも)

あと、人は必ず裏切る。

という思い込みがまた再登場。

すべては

『愛してほしい』

という所につながっているような気がする。

自分を愛したい。が

どうすれば愛せるか解らない。





ちゃんとやれば出来たのに。

ってみんな思ったことあるんじゃないでしょうか?

これってすごくすごく単純です。

ちゃんとやれば出来たのに。

と思うのであれば、やればいい。

それだけです。



でもそれを悔しいと絶望しているのは

いつも言ってる後悔と同じパターンです。



悔しいー!自分はダメだ。

と言ってたら、行動しなくて済みます。

昨日も書いたけど、9割以上の方が

お金が欲しい成功したい!

と言うのに行動しません。



とっても簡単に言いますと



わたしはこう言う価値を提供出来ます。

それをあなたに受け取って頂けたら

絶対にお役に立てると思います!



と、言い切れない位に自信がないこと。

そしてそれを受け入れられなかったら

傷付くし悲しいと勝手に脳みそで予想を立てて

怖くなって行動を止めてしまうからです。

ただそれだけ。



じゃあどうしたら良いの?

自信をつけるのはどうしたら良いの?



行動以外にありませぬー!

実際に行動して、受け取って貰う経験を

自分で積み重ねないと自信はつけられませぬ。



そんなこと言うのわたしだってドキドキします。

でもわたしはやりました。

だから実績を出しました。

ただそれだけです。



裏切ると思うのは裏切られる方が楽だからです。

受け入れられたらこれも同じように

自分を表現し続けないとなりませぬ。

でも受け入れられないかもしれない。

ならば裏切られるかも知れない。

そうなる位なら愛さない方が楽なんです。



わたしももちろんこう言う思いはありますよ。

でもそれ以上に、わたしは愛したいし

愛されたいから自分の思いを表現します。





愛して欲しい、は愛されてない自分にも繋がります。

愛されてない自分で居続けるのも同じ理由ですね。



だから本当に、するかやるか!

この1択以外人生にはありませんのです。



と言う訳で、わたしだって自分を表現するのは怖いし

他の人だって怖いと思います。

でもわたしはその先にある喜びを感じたいので

するかやるかで生きています。



愛するってどうやるの?

って言うご質問も愛さないと分からないよ。

としか言えないのでありまする。

考えるものじゃなくて感じるものだから。



後悔して生きるのが嫌なら、自分の為に何を選びますか?

ってことだと思います。





心の整理整頓をすると本当の自分が観えてきます♡

           じぶんの内側から変化する力を絶えず生み続ける究極の知恵♡
          ワンダーチャイルドレッスンのやり方の総てを読んで完全に理解する☺︎
                約50万円分の内容を完全無料公開してます♡
                ご登録は↓こちら↓から♡無料です♡
ケイティメルマガの登録はコチラから

LINE@もやってます♡
内緒の小話やらたまーーーーに届きます!
メルマガやブログにも書いてないようなことを書いてます♡
お友達になってね!
友だち追加


ワンダーチャイルドレッスンって?はこちら
じぶんとナカヨシステムのご案内はこちら
単発メニューファイブスターライツ☆リーディングのご案内はこちら

ケイティのプロフィールはこちら
ケイティのセッション料金等はこちらをご覧くださいませ。
感想をまとめました→コチラ
お問い合わせお申し込みはこちらまでお気軽にお願い致します。

石崎 桂子さんの人生のストーリー

           

この記事にコメントする場合は、下記から一つ選んでください

Loading Facebook Comments ...

この記事にコメント

*

トラックバックURL